麻生区版 掲載号:2012年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

「震災、風化させないで」 市民団体がアート展

佐藤さんが被災地で撮影した「笑顔」
佐藤さんが被災地で撮影した「笑顔」

 人や動物への思いやりをテーマに活動する市民団体「Life Jam」が5月25日(金)から、麻生市民館で復興応援を掲げたアート展を開催する。写真や絵など様々な手法で被災地との繋がりを表現し、支援の輪を広げたいとしている。

 同団体の代表を務める佐藤あかねさんは、人や動物に優しい社会の実現を目指し、イベントなどを開催してきた。震災後は、より強く思いやりの大切さについて考えるようになったという。復興応援歌などを手がける区内のユニット「FAiCO」がこれに共感し、「Life Jam」を設立。区内外の作家や芸術家など13人でアート展「NAGOMI展2012」の企画に至った。

 同イベントでは「鎮魂」をテーマに絵や陶芸などを展示するほか、佐藤さんが陸前高田市で撮影した被災者の笑顔の写真を集めた写真展を行う。この写真には来場者が自由にメッセージを書き込めるスペースを設けた。イベント終了後、来場者が書いたメッセージを被災地に届けるという。

 また、被災地にゆかりのある絵手紙グループを招き、会場内で来場者が自由に絵手紙を作成できるスペースを設けた。イベントを開催するだけでなく、会場に足を運んだ人の思いを被災地に届けられるよう、来場者参加型の企画にした。

 代表の佐藤さんは「和みながら被災地を応援する気持ちを今一度感じられる催しにできれば。少しでも多くの人に足を運んでもらいたい」と話している。

 入場無料。開催期間は5月25日(金)から30日(水)まで。時間は午前10時から午後4時。会場は麻生市民館市民ギャラリー。

 問い合わせはLife Jam代表佐藤あかねさん(【メール】spikebosshana@ac.auone-net.jp)へ。HP(http://www.life-jam.com)は5月25日から閲覧可。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク