麻生区版 掲載号:2012年8月17日号
  • googleplus
  • LINE

古沢の古澤荘一さん 伝統の「虫送り」を再現 農家の風習を現代に

太鼓を叩き、歌を歌いながら畑を練り歩いた
太鼓を叩き、歌を歌いながら畑を練り歩いた

 区内古沢の農家・古澤荘一さん(85)らが農家に伝わる古い風習「虫送り」を再現する試みを行っている。明治時代頃をさかいに、全国で姿を消した農家の風習を現代に蘇らせようという取り組みを取材した。

 「虫送り」は夏場に増える蛾などの害虫を駆除する目的で明治時代頃まで全国で行われていた。形式や手順は地域によって異なるが、多くは7月下旬から8月初旬にかけて行われる。松明を稲穂にかざすようにしてあぜ道を練り歩き、虫を追い出した。

 「虫送り」は農薬がなかった時代に、害虫による被害を食い止めようと農家の人々が考え出したという説と、五穀豊穣を祈るための儀式だったという説が一般に知られている。麻生区内には、片平に住む古人が詠んだ虫送りの歌が残されており、明治時代頃までは区内の農家でも虫送りが一般的に行われていたことをうかがい知ることができる。

 古澤さんは家族や自分たちの畑で行っている体験農業の参加者らに声をかけ、昔ながらの方法で「虫送り」を再現した。

古文書参考に復活

 この風習は荘一さん(85)の幼少期にはすでに行われなくなっていたため、再現には害虫駆除の方法について記された古文書「除蝗録」を参考にしたという。

 同書には、虫送りに松明が用いられていたことや、太鼓の音で虫を追い出したことなどが記されている。村ごとに集まり、隣村との境目に建てられている庚申塔目がけて虫を追い出した。村人総出で行われるため、団結が求められる行事だったという。

 古澤さんらは松明に見立てた棒や太鼓を担ぎ、あぜ道を練り歩いた。炭坑節を虫送り用に替え歌にし「むしが〜でたでた〜むしがでた」と歌うなど独自のアレンジも加えた。

 古澤さんは「除蝗録には蛾のほかに青虫に鯨の油が用いられたことが書いてあり驚いた。作物を虫たちから守ろうと知恵を絞った先人に敬意をはらいつつ、農家の暮らしを大切にしていきたい」と話している。
 

虫送りの様子を記した「除蝗録」
虫送りの様子を記した「除蝗録」

麻生区版のトップニュース最新6件

新栽培アスパラが初出荷

商業地 堅調に上昇

麻生区公示地価

商業地 堅調に上昇

4月13日号

新百合など4駅で整備

自転車安全対策

新百合など4駅で整備

4月6日号

25年の歴史に幕

市民主催フリマ

25年の歴史に幕

4月6日号

合同チームで全国V

ネオホッケー麻生・多摩

合同チームで全国V

3月30日号

1年で登録数300超

市民活動団体検索サイト

1年で登録数300超

3月30日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク