麻生区版 掲載号:2012年8月17日号
  • googleplus
  • LINE

カットで子どもに学校を 美容師らがチャリティ

美容師と利用者が会話を弾ませ、会場は賑わった
美容師と利用者が会話を弾ませ、会場は賑わった

 市内の美容師らでつくるボランティアグループ「PRIC」が先月31日、チャリティカットを溝口の「てくのかわさき」で開いた。331人が利用し、約41万円の寄付が集まった。

 今回で16回目。カンボジアの恵まれない子ども達に教育の機会を与えるため、小学校を建設するのが目的。これまでに2校完成させている。今回は東日本大震災の被災地復興のための募金も集めた。

 美容師が無償でカットやネイルケアのサービスを提供し、利用者が一定額以上を支払う仕組み。美容サービスを受けられながら、社会貢献できるとあって利用者の評判も上々。会場では美容師と利用者が会話を弾ませていた。麻生区から訪れた大草綾子さんは「暑いから今日は髪を短くしてもらうつもり」と嬉しそうに話していた。

 イベント代表の矢花敬さんは「回を重ねることでリピーターの人も増えた。東日本大震災もあり、チャリティへの意識が高まっている。こういった活動が将来の日本の子どもたちのためにもなるはず」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク