麻生区版 掲載号:2012年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

故人をしのぶ伝統行事 常安寺で施餓鬼供養

一斉に読経を行った
一斉に読経を行った

 先祖をはじめとするすべての霊を供養する仏教行事「施餓鬼供養」を、区内上麻生の常安寺が2日、実施した。

 当日は真夏日にもかかわらず、周辺寺院の住職らと檀家約80人が一堂に集まり、故人の供養を行った。

 施餓鬼供養とは先祖や前の盆以降に亡くなった人の塔婆をたて、果物や菓子などの供え物をすることによって追善供養を行う仏事。多くの寺院でお盆の時期に行われている。

 同寺の磯野善秀住職は「近年、地域や宗教との結びつきが弱くなっているように感じる。そんな時代だからこそ、昔からの習わしを大切にして後世に伝えていきたい」と話していた。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク