麻生区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

白秋の長歌、園児と舞う 藤間勘七孝さんが公演

 区内を拠点に活動する「ふじ舞踊芸術交流団」(藤間勘七孝代表=人物風土記で紹介=)が9月23日、舞台「日本伝統芸能の華」を麻生市民館大ホール(万福寺1の5の2)で実施する。午後2時開演、入場無料。

 第1部では、北原白秋が禅師丸柿について詠んだ長歌にのせて踊る。代表の藤間勘七孝が原木を、柿の実幼稚園の園児らが「柿の実役」を演じ、ほそかわみつる氏の朗読にあわせて踊る。

 同会の会員が「藤娘」や「廊八景」などのなじみ深い演目を披露する。

 第2部では平家の栄枯盛衰を琵琶にのせて舞う。語りと琵琶を荒井姿水、朗読を内藤和美、舞踊を藤間勘七孝が務める。

 後援は川崎市教育委員会、川崎市文化協会、麻生区文化協会。

 問い合わせは同会(【電話】044・954・3066)または(【メール】kan7kou@yahoo.co.jp)まで。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク