麻生区版 掲載号:2012年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

親子で土器調査を体験 市教委がイベント

慎重な手つきで土器の洗浄に挑戦
慎重な手つきで土器の洗浄に挑戦

 川崎市内で出土した土器に触れ、地域の歴史に関心を持ってもらおうと、川崎市教育委員会が23日、栗木の栗木埋蔵文化財収蔵施設で夏休み体験教室を行った。親子10人が参加し、土器の洗浄など出土資料の整理を行った。

 麻生区では栗木台や黒川、早野地域で縄文時代の遺跡や遺構が多く出土される。市北部の出土資料を保存している同施設が、区民に直接土器に触れて歴史を知ってもらう機会を作った。

 子どもたちは土器についた泥や砂などをブラシで取り除く「洗浄」や、墨で土器の凹凸や模様を写し取る「拓本」作業に取り組んだ。貴重な土器を手にした子どもたちは慎重な手つきで土器を取り扱っていた。

 親子3人で参加した栗木台在住の安藤優太くん(12)は「土器に直接触れる機会は少ないので、すごく貴重な体験ができてよかった」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク