麻生区版 掲載号:2012年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

東京農大 学生の研究、次世代に繋ぐ 小学生に里山保全を指南

枯れた木を伐採し、年輪の観察を行った
枯れた木を伐採し、年輪の観察を行った
 市立虹ヶ丘小学校と市の建設緑政局、東京農業大学が連携し、1日、早野梅ヶ谷特別緑地保全地区(麻生区早野梅ヶ谷975ほか)で里山保全を学ぶ特別授業を行った。この試みは東京農業大学地域環境科学部の学生が、日ごろ同保全地区で行っている研究活動の一環として実施。今後の地域を支える次世代の担い手に里山保全に対する意識を高めてもらおうと、同緑地の近隣に暮らす児童に身近な自然の貴重さや保全の難しさを教える企画を行った。

 当日は同大の学生と同小の6年生児童と教員、市緑政局職員らが参加。サワガニやクモの習性、キノコや樹皮の生態など、児童の興味に応じた班に分かれ、フィールドワークを行った。里山の中では学生が先生役となり、実際に自然に触れながら児童から集めた疑問に答えていた。

 児童は班の研究テーマに合わせ、学生の助けを借りながら生体の捕獲やスケッチなどを行った。「普段小学生ができないようなことを体験させたい」という学生側の要望から、授業にはノコギリを使った枯れ木の間伐など実践的な内容が盛り込まれた。

 樹皮について調べたという同小の鈴木未結さん(12歳)は、「樹を切ったり年輪を数えたりと、初めての経験が多くて面白かった。もっと早野のことを知って、自分の住む地域の里山を守っていきたい」と話した。

 市緑政局は「今回の反省点なども踏まえて、来年以降も継続していきたい」としている。

麻生区版のローカルニュース最新6件

「加入者減」課題を共有

市子連

「加入者減」課題を共有

4月13日号

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

藤嶋昭氏が講演

藤嶋昭氏が講演

4月13日号

衛生士会と連携を確認

県歯科医師会

衛生士会と連携を確認

4月13日号

中原区で特養開設へ

白山福祉会

中原区で特養開設へ

4月13日号

市民館で将棋の対局

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク