麻生区版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

弘前舞台に初の時代劇 劇団民藝が12月公演

 麻生区黒川に稽古場を構える劇団民藝が12月6日から20日まで、三越劇場(日本橋三越本館6F)で12月公演「満天の桜」を行う。

 この作品は「カミサマの恋」で津軽から爽やかな笑いと涙をもたらした畑澤聖悟氏の書き下ろし第2作。戦国時代を生き抜いた女たちの姿を描いた。舞台初となる時代劇。

 12月6日と14日のみ夜公演(午後6時15分開演)。そのほかは午後1時半開演。一般6300円、学生4200円。

 チケットの申し込み、問い合わせは劇団民藝(【電話】044・987・7711)へ。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク