麻生区版 掲載号:2012年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

ビッグバンドに歓声 川崎でジャズフェス

ひと節演奏するごとに歓声が沸いた
ひと節演奏するごとに歓声が沸いた

 世界三大ジャズフェスティバルのひとつ「モントルー・ジャズ・フェスティバル(МJF)」の日本版「МJF・ジャパン・イン・かわさき2012」が16日から24日までの9日間、川崎市内の5会場で開催された。昨年に引き続き2回目の開催。

 МJFはスイスのレマン湖畔で毎年行われている世界的な音楽イベント。ジャズをはじめ、ロックやポップスなどジャンルを越えた人気アーティストが多数出演する一大フェスティバルとして知られている。

 日本での開催は川崎市で昨年から始まった。今年は昨年の5公演から9公演に開催規模を拡大し、世界各国から出演者を招いての開催となった。

 開催初日を迎えた16日には、本場スイスのイベントにも多く出演しているオランダの「ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・コンセルトヘボウ」と、ピアニストのミッシェル・カミロとギタリストのトマティートが演奏を行った。観客らは世界を魅了する迫力のある演奏に惜しみない拍手と歓声を注ぎ、ジャズの軽快なリズムに肩を揺らしていた。

 このイベントには会期中、サイケデリックロックの一時代を築いたジェファーソン・スターシップや、フュージョンギターの第一人者リー・リトナーをはじめ、国府弘子、小原孝、平原綾香、佐山雅弘、守屋純子など国内外から人気アーティストが多数出演した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク