麻生区版 掲載号:2012年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

みかん狩りで地域交流 東百合丘町会が恒例行事

「美味しいみかん、たくさん取ってね」
「美味しいみかん、たくさん取ってね」

 東百合丘町会(松澤久会長)が2日、東百合丘3丁目にある松沢弘さんの畑で冬の恒例イベント「みかん狩り」を実施した。

 この行事は、同町会で松沢弘さんが会長を務めていた4年前から始まった。630世帯を超える町会の親睦と子育て世代の交流などを目的に企画した。ビタミンCが豊富なみかんをたくさん収穫してもらうことで、冬を元気に過ごしてもらいたいと考えたという。

 歩いていける距離で美味しく実ったみかんを収穫できる企画が話題をよび、参加者は年々増加。現在会長を務める松澤久さんもその主旨に賛同し、地域で協力しながら実施を続けている。

 松沢さんの畑には約100本のみかんの木が植えられている。甘みが凝縮される宮川(早生)という品種を選んで育て、セレサモスなどにも出荷しているという。松沢さんによると、みかんは皮が薄くて身が詰まっていそうなものを選ぶのがコツだという。

 この日は袋に詰め放題とあって、子どもから大人までひとつでも多くのみかんを詰めようと試行錯誤する姿がみられた。毎年欠かさず参加しているという親子は「小粒なものの方が、甘みが強く美味しかった。小さいものをいっぱい詰めるよう、家族で協力しました」と嬉しそうに話していた。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク