麻生区版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

口腔がん検診に35人 市歯科医師会が実施

専門医らが市民を検診
専門医らが市民を検診

 口腔がんの早期発見のため、川崎市歯科医師会は9日、百合丘歯科保健センター(麻生区高石)で市民を対象に口腔がん検診を実施した。同会は、口腔がんの早期発見に歯科医師が果たす役割の重要性を伝えるほか、地域の口腔保健向上を目指している。

 当日は市内に住む60、70歳代を中心とした35人が受診。日本口腔外科学会の専門医、歯科衛生士らの診察を受けた。

 同市歯科医師会によると、国内の口腔がん患者数は現在年間約6000人。早期口腔がんには特有な自覚症状が表れず、医療機関への受診が遅くなる傾向がある。早期がんの5年生存率は90%だが、進行がんでは50%ほどだという。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク