麻生区版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

新店オープン 「旬の味を手頃に楽しんで」 家庭風小料理屋 食彩酒蔵うさぎ

店内にはゆったりとした時間が流れる
店内にはゆったりとした時間が流れる

 メニューにとらわれず、その日仕入れた今一番おいしい食材を調理する―そんなこだわりの小料理屋が上麻生に今月オープンした。

 「メニューにない品」が頼める店として話題を集める同店では、今一番旬な素材をおいしく調理。客からのリクエストにも応える。酒はビールやワイン、焼酎にウイスキーと豊富に揃っているのも嬉しい。

 「気軽に旬の食材を楽しめる空間を作りたくて、柿生に店を構えました。この時期は煮物やなべ物がおすすめです」とオーナー。

 旧友や職場の人と集まり、くつろぎながら歓談することの多いこの季節。オーナーの人柄もあたたかい同店で、ゆったりとした時間を過ごしてみては。
 

食彩酒蔵うさぎ

川崎市麻生区片平2-23-4

TEL:0449860866

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

平成30年度税制の解説と2022年問題(生産緑地)対策

不動産の相続、空き家対策お気軽にご相談下さい

春のお買得「下取フェア」

「家族信託」学ぶセミナー

成年後見・遺言に代わる新しい相続の手法

「家族信託」学ぶセミナー

4月13日号

「認知症を学ぼう」

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

夫婦でも入居可能広めの住戸も特長的

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

4月6日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク