麻生区版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

「支えあう仕組みづくりを」 ボランティアが交流会

鈴木文治教授が講演した
鈴木文治教授が講演した

 麻生区社会福祉協議会ボランティア活動振興センターが16日、麻生区役所4階第1会議室で「麻生区ボランティアのつどい(交流会)」を開催した。有識者の講演やボランティア団体の活動報告を通じ、地域のボランティア同士の交流を図ることが目的。同センターのスタッフ、交流会を共催した田園調布学園大学の学生と一般参加者約70人が参加した。

 同大学の鈴木文治教授を講師に招き「今、求められるボランティア」をテーマに講演会を実施した。鈴木教授は「これからのボランティアには自分本位ではない支援のあり方を目指し、謙虚に社会的弱者の声に耳を傾け、彼らを地域全体で支える仕組みをつくり出すことが求められている。今後は地域住民の横の繋がりを生産していく役割を果たすことも必要だ」と語った。

麻生区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人気トリオが

アルテリッカしんゆり

人気トリオが"愛"を演奏

4月30日~4月30日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.03最適な治療とは…(2)海外との意識の違い

    3月30日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク