麻生区版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

10周年を迎えた「かわさき市民活動センター」の理事長を務める 小倉 敬子さん 高津区在住 67歳

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena

市民活動は「攻めの姿勢」で

 ○…公益財団法人「かわさき市民活動センター」の10周年にともなう「ゴーゴー☆かわさキッズ10周年記念フェスタ」を先月、高津市民館で開催した。出演者ら811人が来場し、バレエ、ソーラン節、合唱などの発表や段ボール迷路、プラネタリウムなどが注目を集めた。「子どもたちが皆笑顔だったのが印象的だった。記念フェスタを開催することができてうれしかった」と微笑む。

 ○…大阪府堺市生まれ。幼少期は「実現できそうもないことばかり考える『夢見る夢子さん』と親から言われていました」。米国滞在経験を持つ英語教師のおばの影響で「将来は英語を喋れる人になりたい」と心に決めた。念願だった渡米は20歳のとき。交換学生として滞在し「新世界」に胸を躍らせた。結婚後は夫の仕事の関係でイラクに約2年半滞在。「古代史が好きでチグリス、ユーフラテス川を自分の目で見ることができて最高でした」と振り返る。帰国後は習得した英語を生かし、中学校での英語教師としても活躍した。

 ○…趣味は読書。ジャンルを問わず乱読する。座右の銘は「少年老い易く学成り難し」。その教訓にならい「休日でも仕事の書類作りをする。暇が嫌い。仕事をしているのが楽しいですから」と語る。月に一度、都内に暮らす孫に会いに行くのも代え難い喜び。孫の顔を思うと、愛おしそうに笑みを浮かべた。

 ○…市民活動の活性化を支援し続けている同センター。市の市民活動推進委員などを務めた経験から、様々な市民に出会った。「市民活動ってアメーバなのよ。あらゆる方向にアンテナを伸ばし、チャンスを見つけたらすぐに掴む『攻めの姿勢』が大切」。活動の運営ノウハウを伝える基礎講座では、助成金獲得の助言などをしている。「助成金申請はだめで元々。諦めずに、まずは挑戦することが大事」。来るものは拒まず。社会貢献に情熱を燃やす人々の笑顔が原動力だ。

麻生区版の人物風土記最新6

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

麻生市民交流館やまゆりでワンコイン落語会を開催している

立川 志らぴーさん(本名:片桐 悠吾)

町田市在住 27歳

3月27日号

丸山 喬平さん

第23回「岡本太郎現代芸術賞展」で入選した

丸山 喬平さん

王禅寺西在住 32歳

3月13日号

谷添 照美さん

劇団アットリーチェ代表を務める

谷添 照美さん

王禅寺在住 

3月6日号

石井 よし子さん

22日開催の「里山フォーラムin麻生」で事務局長を務める

石井 よし子さん

下麻生在住 70歳

2月21日号

井上 聰一(そういち)さん

2019(令和元)年度の川崎市自治功労者に選ばれた

井上 聰一(そういち)さん

下麻生在住 74歳

2月14日号

藤本 加奈さん

麻生市民館で2月15日に開催する「空と、木の実と。」の上映会を企画する

藤本 加奈さん

白鳥在住 34歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク