麻生区版 掲載号:2014年4月4日号 エリアトップへ

麻生消防署 栗木出張所の運用開始 区内北西部への対応強化

社会

掲載号:2014年4月4日号

  • LINE
  • hatena
運用を開始した栗木出張所
運用を開始した栗木出張所

 麻生消防署は4月1日、区内4カ所目の出張所となる栗木出張所の運用を開始した。栗木出張所は2012年12月に建物が完成していたが、柿生出張所の改築工事により、臨時柿生出張所として代替運用されていた。先月、柿生出張所の改築工事が完了し、両出張所が体制を整え、これまで課題だった区内北西部への対応が強化される。

 栗木台4の2の1に建設された栗木出張所は鉄筋コンクリート造地上2階建てで、延床面積598・07平方メートル。川崎市消防局によると、区内北西部の黒川・はるひ野地区は、開発により市内でも特に人口増加が著しく、消防体制が課題になっていたという。柿生出張所からも距離があり、火災発生時にも迅速に対応できるよう、消防・救急体制、災害対応力の強化を図った。

 隊員は12人配置され、8人のチームで交代制をとる。管轄エリアは五力田、白鳥1〜4丁目、栗平1・2丁目、栗木、栗木1〜3丁目、黒川、南黒川、はるひ野1〜5丁目、栗木台1〜5丁目。非常用消防車であるタンク車が配備されたほか、同出張所は中高層ビルを想定した訓練施設としての機能もあり、侵入訓練や救出訓練などを行うことができる。同所の白井泰延所長は「近隣の住民の方々に親しまれるような出張所にしていきたい」と話す。

災害・ウイルスに対策

 柿生出張所は世田谷・町田線の拡張工事に伴い、改築された。延床面積は220・37平方メートルから約3倍の761・77平方メートルに拡大。栗木出張所とともに、緊急災害時の防災物品や土嚢などを収める警防倉庫、ノロウイルスやインフルエンザウイルス対策として隊員用の救急消毒室、ホース乾燥塔などが新設された。

改築された柿生出張所
改築された柿生出張所

麻生区版のトップニュース最新6

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

オンラインで初開催

区総合防災訓練

オンラインで初開催 コミュニティ社会

学習コンテンツなど発信

2月12日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク