麻生区版 掲載号:2014年5月2日号 エリアトップへ

川崎市 ケヤキ、桜を一斉点検 宮前区の枝落下事故受け

社会

掲載号:2014年5月2日号

  • LINE
  • hatena
落下したケヤキの枝。長さ9メートル、重さ20キログラムある
落下したケヤキの枝。長さ9メートル、重さ20キログラムある

 川崎市は、鷺沼駅前(宮前区)で発生したケヤキの枝の落下事故を受け、幹線道路沿いを中心とした街路樹のケヤキと桜を対象に、市内7区で一斉点検を4月末まで実施した。区内の対象はケヤキ、桜ともに約500本。

 事故が発生したのは4月14日午後。鷺沼駅前のフレルさぎ沼の敷地内にあるケヤキから長さ9メートル、重さ20キログラムある枝が女児に落下。女児は重症を負った。

 ケヤキを管理していた東急ストアは1日2回、目視による点検を行っていたが気づかなかったという。

 宮前警察署は枝が折れた原因を現在調査しているが、折れた部分に虫の巣が見られることなどから枯死の可能性が高いとしている。

 今回の事故を受け、川崎市では麻生区を含む7区の街路樹の点検を4月15日から開始。対象は市内に4万本ある幹線道路沿いを中心とした街路樹のうち、ケヤキ2500本、桜1200本。各区の道路公園センター職員などが目視で確認し麻生区内は各500本が点検の対象となった。

 目視のポイントは枝から葉が出ているかどうか、皮がめくれていないかどうか。ともに枝が枯れている可能性を確認した。

 疑わしい場合を含め、異常が見られた枝は現在、せん定処理が行われている。

 区道路公園センターによると、今後はケヤキや桜以外の街路樹や公園内の樹木の点検も随時進める予定。

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook