麻生区版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

幻の映画、チネチッタで復活 川崎の原点に触れる作品

文化

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena
映画「暁の挑戦」のポスター
映画「暁の挑戦」のポスター

 「映像のまち・かわさき」推進フォーラム主催による映画「暁の挑戦」が9月27日から10月3日にチネチッタ(川崎区)で特別上映される。同作は、フィルムが行方不明となり「幻の映画」とされていたもの。川崎市が誕生した翌年に発生した「鶴見騒擾(そうじょう)事件」が題材で、川崎市の原点に触れる作品。同フォーラムは、市政90周年を記念し上映する。

 鶴見騒擾事件は、1925(大正14)年、現川崎区田島地区に建設予定だった火力発電所の建設問題で、横浜市編入前の橘樹郡鶴見町(現在の潮田地区)一帯で起こった乱闘事件。一度に400人以上の検挙者を出し、騒擾罪(法改正により騒乱罪)で起訴されたことにより鶴見騒擾事件と呼ばれている。

 映画「暁の挑戦」は同事件を題材とし、1971(昭和46)年にフジテレビ、新国劇映画により共同製作されたもの。川崎市、川崎商工会議所が脚本から携わり製作に全面協力している。同映画は一度上映後、フィルムが行方不明となり、映画業界の中では「幻の映画」と言われていたというが、このほど発見され、フジテレビにより修復された。

 同フォーラムの事務局担当者は「川崎に住んでいる人、働いている人や若い人にも見て頂きたい。川崎の初期を感じることができる」と話す。

出演者インタビューも

 特別上映会は、9月27日が午後1時30分からで、本編に加え当時の市長、商工会議所会頭などが出演したPR版も上映。出演者へのインタビューも予定されている。28日から10月3日は午後6時30分から(各日1回)で本編上映のみ。チケットは当日券1200円(前売り1000円)。

 詳細は同フォーラム事務局(【電話】044・223・6550)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

初の単著で大臣新人賞

和光大学教授

初の単著で大臣新人賞 教育

越中おわら風の盆を描く

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク