麻生区版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

川崎市待機児童 全国2位の減少数 受入れ枠拡充などが要因

社会

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena

 厚生労働省は12日、今年4月1日時点での保育所待機児童数の取りまとめ結果を発表した。川崎市の待機児童数は昨年4月1日時点と比べ、376人減の62人となり、全国2番目の減少数となった。

 川崎市の昨年4月1日時点の待機児童数は438人、今年4月1日時点では62人となり、376人の減少。福岡市の695人に次いで、全国で2番目に多い減少数となった。

 市では今年4月に向けた取組として、認可保育所の整備のほか、川崎認定保育園の受入れ枠の拡充と合わせて、保育料を従来の月額5千円から年齢と所得に応じて最大2万円へと増額を行った。

 市市民・こども局こども本部待機児童ゼロ対策室は「ほかにも、保育所への入所が不承諾となった方に対して、きめ細やかな相談・アフタフォローを実施し、保護者の多様な保育ニーズと施設やサービスを結びつけるマッチングを行ったことが、大幅な減少の要因となった」としている。

 福田紀彦市長は「市長就任後、子育てしやすい街となるよう、待機児童対策を重点的に進めてきた結果。引き続き、最重要の公約である『来年4月の待機児童解消』を目指して、職員と一丸となり英知を結集し、目標を達成したい」と話した。

新制度に向け説明会も

 市では、引き続き必要な保育受入れ枠を確保するとともに、来年入所に向けた市民説明会も各区で行っていく。この説明会では、2015年4月にスタートする子ども・子育て支援新制度の中での、支給認定申請・保育所などの利用申込み手続きに関することが話される。麻生区では29日に開催。申込み締切は今日19日。申込み・詳細は子ども・子育て支援新制度準備担当(【電話】044・200・0157)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

子年だけの観音開帳

星宿山王禅寺

子年だけの観音開帳 文化

12年に一度 4月1日から

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

親子向け行事ガイド完成

区民会議発市民団体

親子向け行事ガイド完成 教育

魅力知り「ふるさと」感じて

3月20日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

多摩線の利便性向上へ

小田急線ダイヤ改正

多摩線の利便性向上へ 社会

あす14日から

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

箏・尺八の体験会

箏・尺八の体験会

4月、小中学生が対象

4月4日~4月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク