麻生区版 掲載号:2014年10月3日号 エリアトップへ

ライオンズクラブ国際協会330-B地区第50代ガバナーに就任した 安達成功(しげのり)さん 川崎区在住 73歳

掲載号:2014年10月3日号

  • LINE
  • hatena

すべては「ありがとう」から

 ○…盲導犬育成募金活動や薬物乱用防止講習会、献血活動といった奉仕活動に取り組むライオンズクラブは、208の国と地域に135万人の会員を有する世界最大の奉仕団体。所属する川崎南ライオンズクラブの域を飛び越え、神奈川県と山梨県下の167クラブ、約4800人の会員を統率するガバナーという立場として日々奔走している。全世界のライオンズクラブのトップである国際会長が掲げる方針を地区の会員に伝達するとともに各クラブの活性化をはかる。

 〇…36歳の時、知人の誘いでライオンズクラブに入会。「当初はガバナーになるまでの志はなかった」というが、気づけば、人生の半分をライオンズクラブの活動に費やしてきた。09年度には、川崎南部のライオンズクラブを統括するリジョン・チェアパーソンとして活躍。「世代を隔てて接してくれる」というのが周囲の評だ。

 〇…本業は宅配弁当「フレッシュランチ39」を展開する株式会社美幸軒の会長。日本郵船の船上コックとして働いていたが、23歳の時「自分の店を持ちたい」と、会社を興した。当時工業地帯だった川崎で働く人の需要を見込み、中華料理店「美幸軒」を開業。「家でこの餃子定食を食べたい」とふと漏らした客の声に応え、弁当を配達するようになった。今では1日4万5千食を企業や学校、高齢者住宅等へ配達する。

 〇…「すべては『ありがとう』だね」と柔和な表情を見せる。本業の店名39は、文字通り『サンキュー』にちなむ。「メンバー間の信頼と感謝の気持ちがなければ活動は成り立たない」との思いから「感謝の奉仕」をガバナーテーマに掲げ、1人5回「ありがとう」と声を掛け合う運動の実践に力を注ぐ。「楽しくなければライオンズではない。そのためにもまずはメンバー同士が互いを思いやり、健全なクラブづくりをしていくことが先決です」と力を込めた。

麻生区版の人物風土記最新6

田中 隆さん

レストランあさおで月1回提供する地元食材ランチのメニューを考案する

田中 隆さん

多摩区在住 69歳

12月13日号

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

12月9日開催の昭和音楽大学生による企画制作公演を立案した

徐(じょ) 南希(みなみ)さん

王禅寺東在住 23歳

12月6日号

鈴木 武夫さん

12月8日に開催する合唱フェスタを主催する麻生区合唱連盟の会長を務める

鈴木 武夫さん

下麻生在住 73歳

11月29日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

栗平在住 73歳

11月22日号

大矢 高弓さん

作品「ふるさと」が日展の特選に選ばれた日本画家の

大矢 高弓さん

千代ヶ丘在住 50歳

11月15日号

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

香川 和彦さん

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた

香川 和彦さん

王禅寺西在住 62歳

11月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月6日号

  • 歯ウ・トゥ・ケア

    ホワイトファミリーつつみ先生の

    歯ウ・トゥ・ケア

    How To Care vol.19食習慣がもたらす発育不全

    11月29日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第163回 シリーズ「麻生の歴史を探る」榛名山(はるなさん)信仰〜風祭り〜 後編 文:小島一也(遺稿)

    11月29日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク