麻生区版 掲載号:2014年11月14日号 エリアトップへ

本社・栗木(株)シグマ グッドデザイン金賞に デジタルカメラで

経済

掲載号:2014年11月14日号

  • LINE
  • hatena
金賞を受賞した製品
金賞を受賞した製品

 株式会社シグマ(山木和人社長)=本社・麻生区栗木=が製造・販売するコンパクトデジタルカメラが、公益財団法人日本デザイン振興会が主催するグッドデザイン賞の金賞(経済産業大臣賞)を11月4日、受賞した。新しい基軸を打ち出したデザインが評価された。

 同賞は、総合的なデザインの推奨制度。家電や車、ソフトウエアや地域づくりのコミュニケーション、ビジネスモデルなど、有形無形問わず人によって生み出されるものや活動が対象。受賞したデザインは「Gマーク」を付けることが認められ、同マークは「よいデザイン」の指標として認知されている。

 今回同社が受賞した製品は3種類ある「SIGMA dp Quattroシリーズ」。dp1 Quattro Wideは大きさが、幅161・4ミリ、高さ67ミリ、奥行き87・1ミリ、質量425グラム(電池、カードを除く)。

 同社によると、今回の製品は高画質の写真を実現させるため、新しいセンサーを搭載。熱やノイズをセンサーから離すために、右グリップ側にバッテリーを入れたレイアウトになったという。同社担当者は形を求めたのではなく高画質の写真を追い求めた結果、このようなレイアウトになったと説明する。

 日本デザイン振興会は受賞理由を「バッテリーが納まっている右手用のグリップは手にしっかり馴染む。フォルムが生み出した液晶画面とインターフェースの見やすさも評価が高かった。カメラのデザインをプロダクトデザインとして再定義した意義あるデザイン」と発表している。

 山木和人社長は「この度は大変光栄に思っている。これも日頃からのお客様からのご支援の賜物と感謝している。これからも格式的であり、高品質かつ美しい製品を作ることで社会の発展に貢献していきたい」とコメントした。

 同社は、デジタル一眼レフカメラ、コンパクトデジタルカメラ、一眼レフカメラ用交換レンズなどの製造、販売を行っている。1961年9月に(有)シグマ研究所を世田谷区に設立。2005年には本社を麻生区栗木に移転させた。

麻生区版のトップニュース最新6

「内水」想定区域は市内最小

麻生区内

「内水」想定区域は市内最小 社会

市がマップ配布 準備訴え

3月5日号

歌で復興応援 動画配信

区内歌手MiSAさん

歌で復興応援 動画配信 社会

市CM曲再録 、11日から

3月5日号

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク