麻生区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

麻生区 教訓から「家具転倒防止を」 パンフ・体験コーナーで啓発

社会

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena
体験コーナーを紹介する区企画課・白石さん
体験コーナーを紹介する区企画課・白石さん

 麻生区区民会議の提言を受け区はこのほど、家具転倒防止対策普及啓発用のパンフレットを発行し、区役所ロビーに「家具転倒防止対策 器具体験コーナー」を設置した。

 17日に発生から20年を迎えた阪神・淡路大震災では犠牲者の95%以上が建物の影響で亡くなったと言われている。こうした教訓から、区民会議は人的被害を防ぐには自宅の震災対策が最も重要であると考え、家具転倒防止対策を2013年から進めてきた。一般宅の地震安全性のチェック・改善を明大教授ら建築専門家グループと協力して実施。アドバイスを受けた一般宅の事例をモデル事業として地域に広めるため今回、パンフレットの発行や体験コーナーを設置した。

 パンフレットは「家具転倒防止対策 大地震から命を守る ―まず、やるべきこと―」と題され、金具や結束バンドによる家具・家電の転倒防止方法や「木造住宅耐震診断士派遣制度」の説明などが記されている。

 また、体験コーナーには、家具を固定するための器具が展示されているほか、ねじを打つと家具がより安定するとされる、壁の「間柱」を探し出すための「下地探し器」を実際に使用することができる。体験コーナーは12月まで設けられる。

 区企画課は「阪神・淡路大震災から20年が経った今、改めて家の中の家具の備えつけを見直していただきたい」としている。

 パンフレットは区役所ロビー、企画課で配布されている。「下地探し器」は同課で貸出しも行われている。詳細・問い合わせは同課(【電話】044・965・5112)へ。
 

麻生区版のローカルニュース最新6

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」 スポーツ

「算数ドリル」、次の一手も

5月17日号

出会い糧に人生4幕目へ

出会い糧に人生4幕目へ 文化

加藤登紀子さんインタビュー

5月17日号

黒川駅前に新拠点

小田急グループ

黒川駅前に新拠点 社会

郊外での「職住近接」を提案

5月17日号

畑で学ぶ「地域デザイン」

和光大生

畑で学ぶ「地域デザイン」 教育

岡上でサツマイモ植え

5月17日号

キャラ弁巡る母娘の交流

キャラ弁巡る母娘の交流 文化

試写会に25組50人を招待

5月17日号

障害児の気持ちを体験

障害児の気持ちを体験 社会

ボランティア養成講座

5月17日号

認知症の母との絆 冊子に

稲城市伊藤千賀子さん

認知症の母との絆 冊子に 社会

希望者に配布中

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク