麻生区版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

「"プロボノ"で社会貢献を」 市が普及ねらいセミナー

社会

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena

仕事を生かしNPO支援

 仕事で身に付けた経験や技術を生かす新たな社会貢献活動「プロボノ」を普及させようと、川崎市が新たな取組をスタートさせる。3月7日に高津区内でセミナーを開催し、基礎や事例を紹介しながら、市内で広がる可能性を探ろうという。

 「プロボノ」は新しいボランティアの形で、2000年以降、米国や英国で普及し始めた。「公共善のために」を意味するラテン語の「Pro Bono Publico」が由来。日本国内では2010年頃から注目を集め、活動が広がっている。

 一般的なボランティア活動と異なり、仕事を通じて培った経験や専門的な技術を生かすことが特徴。例えば、「コンピューター関連の企業に勤めている人がNPOのホームページづくりを支援する」「弁護士が災害の被災者に法律相談を無料で行う」といったケース。仕事と社会貢献が両立できるため、会社員や経営者が参加しやすい。

 今回、川崎市が開くセミナーには、プロボノによる支援を受けたNPOや市民団体、プロボノの担い手を招き、活動の実情に迫る。講師は、プロボノの先駆けとして知られる「特定非営利活動法人サービスグラント」代表理事の嵯峨生馬さん。鎌倉市内と横須賀市内の2つのNPOが事例を紹介する。参加者からの質問や交流を図る機会もある。

 主催する市総合企画局の担当者は「これからは地域を市民が支えていく仕組みをつくり、地域の担い手を育てていくことが重要。従来のボランティア活動とは異なり、スキルを生かせることを提示することで、若者や社会人などが社会貢献に参加しやすい新たな入口になるのではないか」と話す。今後、周知を図りながら、担い手となるプロボノワーカーと支援を受けるNPOなどのマッチングに取り組みたい考えという。

 セミナーは事前申し込み制で定員は先着70人。参加費無料。会場は「にこぷら新地」(高津区二子2の6の47/東急田園都市線二子新地駅徒歩3分)。午後1時30分から4時まで。

 申し込みは「プロボノセミナー参加希望/氏名/メールアドレス/電話番号/所属・職業/セミナーで聞いてみたいこと」を記入の上、総合企画局自治推進部へメールかファクシミリ(【メール】20ziti@city.kawasaki.jp/【FAX】044・200・3800)。問い合わせは同部(【電話】044・200・0392)。
 

麻生区版のトップニュース最新6

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

麻生に残る牛の歴史

丑年企画

麻生に残る牛の歴史 文化

蘇を作り朝廷へ

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク