麻生区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

市長車座 区ごとにスタイル一新 麻生はテーマ別に事例発表

社会

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena
前回、麻生区での車座の様子
前回、麻生区での車座の様子

 福田紀彦川崎市長が直接市民から意見を聞く「区民車座集会」。3巡目となる今回は8月26日(水)に麻生区から始まり、実施スタイルを区ごとに一新することになった。麻生区では、テーマ別に選定された団体による事例発表を交えながら、意見交換を行う。

 車座は、「対話」と「現場主義」を市政運営の基本姿勢と掲げる福田市長が直接足を運び、市政に対する住民の意見を聞くために、各区で順次実施されている。これまで、参加者は公募で募集されてきた。

 3巡目となる今回は、各区企画課と市でそれぞれの実施スタイルを検討した。麻生区では前回の傍聴者アンケートに「多くの意見を聞くこともいいが、テーマごとに議論を深めていった方がいいのでは」という声もあり、テーマ別の事例発表型を採用。「高齢者支援」は金程富士見会、「防災」は新百合ヶ丘自治会、「地域の支え合い」は岡上町内会、「コミュニティ」ははるひ野町内会、「町会・自治会組織が抱える課題について」は麻生区町会連合会が担当し、事例発表を行いながら、市長との意見交換だけでなく、他の自治会・町内会との情報や課題の共有をはかる。

 市は「各区でいろいろなやり方で実施していき、よりよい方法を模索していきたい。様々な角度から意見を聞いていけるのでは」としている。

 また、9月29日(火)に行われる多摩区では、従来の公募型と変わらないものの、参加人数を絞り15人に(事前抽選)。「これまで多くの方に参加いただいたが、言葉のキャッチボールが課題だった」と市担当者は話す。

 一方、前回の参加人数が4人の中原区と、8人の川崎区では区民への周知に課題があった。「認知度を上げる方法を考えていかなくてはならない」と市担当者。麻生区、多摩区以外では現在、実施スタイルなど内容を検討中だが、区民祭の中の1つのイベントとしての開催を検討している区もある。

 麻生区では、26日に区役所で行われる車座の傍聴者を募集している(当日先着50人)。開催時間は午後2時から3時30分まで。詳細・問い合わせは区企画課(【電話】044・965・5112)へ。

麻生区版のトップニュース最新6

歩いて防災地図づくり

市民団体×児童

歩いて防災地図づくり 教育

通学路の危険箇所を調査

7月30日号

麻生で伝統つなぎ50年

ゆりがおか児童合唱団

麻生で伝統つなぎ50年 文化

8月に記念演奏会

7月30日号

子ども視点で「SDGs」推進

子ども視点で「SDGs」推進 教育

市民団体が企画開始

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 社会

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

「自己表現のパワー感じて」

ピカソ・カレッジ(古沢)

「自己表現のパワー感じて」 文化

市民館で初の作品展

7月16日号

「1000人合唱」9月に実現

麻生区出身新屋さん

「1000人合唱」9月に実現 文化

会場と動画組み合わせ 

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でおもちゃ遊び

親子でおもちゃ遊び

参加者募集 子育て講座

9月11日~9月11日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter