麻生区版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

地元中学生制作作品 国際映画祭コンペでGP(グランプリ) 昨夏作り上げた「未来選択」

文化

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena
授賞式で1年ぶりに集まったメンバー
授賞式で1年ぶりに集まったメンバー

 8月に渋谷区で開催された子ども向け映画イベント「キネコ国際映画祭」のティーンズ・フィルム・コンペティションで市内生徒らが制作した短編映画がグランプリを受賞した。 

 グランプリ受賞作品「未来選択」は、麻生区で開催されているしんゆり映画祭(主催・NPO法人KAWASAKIアーツ)がイベントの一環として毎夏実施しているジュニア映画制作ワークショップで昨年作られたもの。このワークショップでは映画制作のプロなどがサポートし、20人以上の中学生が脚本作りから出演、撮影、編集、広報、上映までを学んでいく。映画祭コンペへの作品提出期限が7月だったこともあり、昨年の作品での挑戦となった。

 今回20作品以上の中からグランプリを獲得した「未来選択」は、運動も勉強もうまくいかない女子中学生が未来人と遭遇し、自身の望む未来を選んでいくことを勧められるといったストーリー。未来選択を通して中学生が得たものなどが描かれている。コンペは東映や松竹、東宝といった映画会社スタッフらが審査を担当。同作品は「ユーモアあふれるシナリオやSF感のある合成技術など作品として完成されている」「主人公の選択に好感が持て、そこまでの葛藤も良い」といった評価を得てグランプリ獲得となった。

11月に区内で再上映決定

 作品の脚本を担当した菊池麻衣子さん(現・西高津中3年)は「この映画祭を調べたら全国規模だし、高校生も出品するコンペだったので賞を貰うこととかは考えていなかった。グランプリの知らせは本当に驚きました」と語る。表彰式は受賞の一報を受けた翌日、しかも夏休み中という状況だったが、制作メンバーのほとんどが式典会場に集合。1年ぶりの再会と受賞を喜び合った。

 同作品は今年11月に開催される「KAWASAKIしんゆり映画祭2015」での再上映も決定。菊池さんは「去年一度きりしか上映されなかった作品が多くの人に観てもらえる機会を得たことは嬉しいです。是非観て欲しいです」と話している。

壇上で挨拶する菊池さん(写真右)
壇上で挨拶する菊池さん(写真右)

麻生区版のトップニュース最新6

2人、1団体を表彰

区地域功労賞

2人、1団体を表彰 社会

長年の活動を評価

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

地域で守る文化遺産

柿生郷土史料館

地域で守る文化遺産 文化

来月、開館10周年

10月16日号

商業地の伸び鈍化

麻生区基準地価

商業地の伸び鈍化 経済

住宅地は1.4%のマイナス

10月16日号

映画と街に添い、再始動

しんゆり映画祭

映画と街に添い、再始動 文化

昨年の問題検証を実施

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 社会

市、税収流出に歯止め

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多彩な菊がお目見え

多彩な菊がお目見え

11月2日から 市民館

11月2日~11月14日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク