麻生区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

川崎F2016シーズン テーマは「未来への挑戦」 チーム新体制を発表

スポーツ

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
風間監督と新ユニフォームを着用し、記念撮影に応じる新加入選手
風間監督と新ユニフォームを着用し、記念撮影に応じる新加入選手

 川崎フロンターレは1月17日、今シーズンに向けた新体制発表会見を洗足学園音楽大学(高津区)で行った。集まったサポーターを前に、風間八宏監督や大久保嘉人選手、新加入選手たちが今シーズンの目標を語った。

 麻生区内に練習グラウンドをもつ川崎フロンターレは、今シーズンのクラブキャッチフレーズに「チャレンジ・ザ・フューチャー(未来への挑戦)」を掲げた。今年クラブ創設20周年という節目を迎え、これから創造していく未来に向けて、フロンターレらしく積極的に挑戦していこうという意味が込められている。

 昨シーズンは連敗が多く、下位チーム戦での敗戦などが響き、リーグ6位に終わった同クラブ。「失点の多さ」や「大久保選手に次ぐストライカーの不在」などを克服するため、今シーズンは8人の選手を補強した。主力の大久保選手、中村憲剛選手、小林悠選手などを含めた28人が一丸となって、初タイトルを狙う。風間監督は「選手がのびのびとプレーできるよう支え、結果を出したい」と意気込みを語った。

 会見には新加入選手が登場。川崎出身でJ1最年少得点などの記録を持つ森本貴幸選手や韓国代表のゴールキーパー、チョン・ソンリョン選手などが抱負を語った。また3年連続得点王に輝いた大久保選手が登場し、4年連続得点王を宣言すると会場は大いに沸いた。

 開幕戦は2月27日(土)、昨シーズン年間優勝のサンフレッチェ広島とアウェイ・エディオンスタジアム広島で対戦。ホーム初戦は3月5日(土)、等々力陸上競技場で湘南ベルマーレと対戦する。キックオフの時間は未定。

麻生区版のトップニュース最新6

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

麻生に残る牛の歴史

丑年企画

麻生に残る牛の歴史 文化

蘇を作り朝廷へ

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 社会

福田市長、2021年を語る

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク