麻生区版 掲載号:2016年4月1日号 エリアトップへ

卒業作品で川崎区にあるコリアタウンの人々を取材し、ドキュメンタリーを制作した 全(ジョン) 智愛(ジエ)さん 日本映画大学出身 23歳

掲載号:2016年4月1日号

  • LINE
  • hatena

ルーツに向き合いながら

 ○…川崎区桜本の保育園で催されている老人会に参加するコリアンとペルー人女性などを取材したドキュメンタリー作品「愛しきトラジ」を日本映画大学の卒業制作として作り上げた。登場人物の明るい表情と、ルーツを探るリアリティが混在する同作は、イオンシネマ新百合ヶ丘での上映企画でも上々の反応を得た。「スクリーンで作品が流れたことと、観て頂いた方からの反応が良かったことが嬉しかった。お婆ちゃん達からも『こっちでいつやるの?』と言われているので早く観て貰えるよう調整中です」と今後は撮影地でのお披露目も予定している。

 ○…大阪府生まれ。テレビ好きだった幼少時からの思いと高校生まで続けた剣道での進学と、悩んだ末に選んだのが日本映画大学への進学。当初はバラエティ志向だったが、1年生の時にドキュメンタリーの奥深さに触れた。「自分が企画した作品で核心に迫ることが出来なくて先生から酷評されたんです。それでやる気になってドキュメンタリー作りの道に進みました」。

 ○…在日コリアン。大学2年生の時に語学留学しハングルを習得した。「世界中から同じルーツの人が集まる環境で文化などを学ぶことが出来て得たものは大きかった。ただ逆に疎外感も感じることもあり、環境の複雑さを今まで以上に感じてしまいました」と明かす。日本と韓国、自身のルーツとどう向き合っていくかはまだ模索中だ。

 ○…今春からドキュメンタリーを扱う制作会社に就職する。「学生時代を過ごした王禅寺での地域交流や、慣れ親しんだ識字ボランティア活動から離れることは寂しいですが、まずは仕事を頑張りたい」。様々な国籍の人が暮らす川崎での経験を生かし「在日外国人も高齢化が進んでいて、そういった問題に興味があります。まずは下っ端からですが、日本で暮らす外国籍の自分が作れるものを作ってみたいです」と笑顔で前を向いた。

麻生区版の人物風土記最新6

大和田 瞳さん

5月21日にイベント「シェア・ア・マンス」を主催するアクセサリー作家

大和田 瞳さん

高石在住 43歳

5月20日号

長野 千紘さん

劇団四季ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』でタング役の

長野 千紘さん

川崎市在住 劇団四季俳優

5月13日号

溝口 真央さん

政策コンテスト「未来自治体全国大会」で優勝した

溝口 真央さん

高石在住 21歳

5月6日号

中地 美佐子さん

アルテリッカしんゆり公演『グレイクリスマス』の五條華子役で出演する

中地 美佐子さん

市内在住 53歳

4月29日号

横田 明子さん

孫目線で原爆の語り部について描いた書籍で「日本児童文芸家協会賞」を受賞した

横田 明子さん

金程在住 65歳

4月22日号

SINSKE(シンスケ)さん

アルテリッカしんゆりの公演「THE THREE」に出演するマリンバ奏者の

SINSKE(シンスケ)さん

麻生区在住 46歳 

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約250種のバラ、可憐に

約250種のバラ、可憐に

「ローズオカガミ」22日まで

5月12日~5月22日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook