麻生区版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

4月1日付けで麻生市民館長に着任した 三枝 正孝さん 虹ヶ丘在住 57歳

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena

豊富な経験で活動手助け

 ○…市民館を文化・芸術の拠点、市民活動をしている人々の成果を発表する場として、活動を手助けしていく。「レベルの高い公演や展示などが多いので、多くの人々へアピールすることが重要」と話す。これまでかわさき市民活動センターや川崎市市民局ではNPO法人を登録する部署での仕事も経験し、「市民団体やNPO団体の共通する課題として、メンバーがなかなか集まらないことや高齢化があるので、活動に呼び込むためのアピールも必要」と語る。

 ○…中原区出身。大学卒業後に川崎市に入庁し、これまで農業振興、シティセールス、消費者行政センターなど豊富な経験をもち、15カ所目の職場となる。仕事にいかそうと、それぞれの環境に応じて新たな興味や知識を広げてきた。「シティセールスでは広報番組にも携わり、市内の魅力を真剣に考えるきっかけとなった」と語る。3月までは麻生区役所危機管理担当課長。「特に東日本大震災以降、市民の防災への関心が高まっていた。台風による豪雨でここ2年、区内にも避難勧告が出たため避難所の開設の仕事があり、地域の方々の支えや対策の必要性を感じた」と振り返る。

 ○…家族は妻と3人の娘たちと、家庭では女性に囲まれている。職場でも家庭でも、朗らかで優しい表情は変わらない。休日は読書や映画鑑賞などをし、のんびり過ごす。年間50冊ほどの本を読み、SF、歴史もの、サスペンスなどあえて幅広いジャンルに挑戦する。「新しい発見があって面白い」と趣味でも仕事でも次々に新しいものを吸収していく。

 ○…昔ある上司に言われた「段取り9割、本番はその通りにすればいい」という言葉が仕事のモットー。何事も早めに手を打っておく。「市民館には多分野の方が一堂に会する。お互いにいろいろな話をしながら刺激し合い、みなさんが活躍できる場所にしていきたい」と、市民館の将来像を語った。

麻生区版の人物風土記最新6

ヤオ オフェイ アモアベンさん

日本の国民性などを外国人目線で語る講座を市民交流館やまゆりで行う

ヤオ オフェイ アモアベンさん

上麻生在住

5月24日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月17日号

大村 哲郎さん

先月から麻生警察署の署長を務める

大村 哲郎さん

千代ヶ丘在住 59歳

4月26日号

斎藤 泰子さん

4月で1周年を迎えた「しんゆり交流空間リリオス」の運営に携わる

斎藤 泰子さん

東百合丘在住 60歳

4月12日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳

3月29日号

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

農学博士として明治大学との土壌肥料研究や地域講座などを行っている

藤原 俊六郎(しゅんろくろう)さん

Office FUJIWARA代表 71歳

3月22日号

長尾 大輔さん

「川崎ものづくりブランド」に認定された理化学機器を取り扱う(株)ナガオシステムの

長尾 大輔さん

五力田在住 45歳

3月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク