麻生区版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

川崎商工会議所 小田急などと協議会発足 沿線11商議所が連携

経済

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena
19日の発足式に参加した川崎商議所の山田長満会頭(前列右から2人目)
19日の発足式に参加した川崎商議所の山田長満会頭(前列右から2人目)

 川崎商工会議所を含む、小田急線沿線に本所または支所などを置く11商工会議所と小田急電鉄株式会社が「小田急線沿線商工会議所広域連携協議会」を今月設立した。同協議会では「小田急線沿線の地域経済の発展とにぎわいの創出」を目指し、さまざまな事業を行っていく。

 協議会の設立は、日本商工会議所と各地商工会議所が推進する「広域連携事業」の一環で、昨年8月から各商工会議所の専務理事が協議を重ねてきた取り組み。地域経済を下支えする商工会議所と、交通機関として市民の生活に根づいている小田急電鉄が、団体の設立によってさまざまな情報と資源を共有し、地元の経済発展やにぎわい創出をテーマに連携事業などを検討していく。4月19日には相模大野で協議会の発会式が行われ、各会議所会頭や専務理事、小田急電鉄役員などが一堂に会し、連携に向けての交流が行われた。

 麻生区と多摩区が沿線となる川崎商工会議所では「具体的な事業への取り組みは今後決めていくが、新百合ヶ丘駅周辺の芸術関連施設や生田緑地の観光など、単独では難しい広域的なPRに相乗効果が生まれるのでは」と話す。協議会の事務局を務める町田商工会議所も「広域連携は、小田急線沿線各地の地域資源の価値を総合的に高められる。また小田急電鉄が各所をつなぐパイプ役となることで、沿線住民や乗降客に対し、大きな発信力も期待できる」とし、「まさに小田急沿線商工会議所を一つのグループとして、新しい連携の可能性を創造することができる」と話す。

 協議会として今後は、沿線商工会議所による「合同ビジネス交流会」「合同物産展」「合同婚活事業」「合同インバウンド対応事業」などさまざまな案を検討していく。また共同SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の運用を行い、フェイスブック・ツイッターを活用して観光スポット情報などを発信していくという。「まずは連携の合意に達したことが大きい。やること、やれることはたくさんあるのでこれから協議していきたい」と担当者。

 協議会は、川崎・小田原箱根・藤沢・秦野・厚木・相模原・町田・大和・多摩・海老名の各商工会議所と東京商工会議所新宿支部、小田急電鉄株式会社で組織されている。

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動6年ぶり減少

麻生区

救急出動6年ぶり減少 社会

遠因に新型コロナの影響

1月22日号

百年超の風物詩も断念

ダルマ市

百年超の風物詩も断念 文化

関係者「苦渋の決断」

1月22日号

見守り活動冊子発行

三井百合丘第二自治会

見守り活動冊子発行 社会

田調大と連携し独自活動

1月15日号

市立小へ導入足踏み

フッ化物洗口

市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月15日号

同機種無線使い連携

4自治会・町内会

同機種無線使い連携 社会

災害時の情報共有ねらい

1月8日号

活力あるまちづくりを

新春インタビュー

活力あるまちづくりを 社会

多田区長、2021年を語る

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク