麻生区版 掲載号:2016年4月29日号 エリアトップへ

川崎商工会議所 小田急などと協議会発足 沿線11商議所が連携

経済

掲載号:2016年4月29日号

  • LINE
  • hatena
19日の発足式に参加した川崎商議所の山田長満会頭(前列右から2人目)
19日の発足式に参加した川崎商議所の山田長満会頭(前列右から2人目)

 川崎商工会議所を含む、小田急線沿線に本所または支所などを置く11商工会議所と小田急電鉄株式会社が「小田急線沿線商工会議所広域連携協議会」を今月設立した。同協議会では「小田急線沿線の地域経済の発展とにぎわいの創出」を目指し、さまざまな事業を行っていく。

 協議会の設立は、日本商工会議所と各地商工会議所が推進する「広域連携事業」の一環で、昨年8月から各商工会議所の専務理事が協議を重ねてきた取り組み。地域経済を下支えする商工会議所と、交通機関として市民の生活に根づいている小田急電鉄が、団体の設立によってさまざまな情報と資源を共有し、地元の経済発展やにぎわい創出をテーマに連携事業などを検討していく。4月19日には相模大野で協議会の発会式が行われ、各会議所会頭や専務理事、小田急電鉄役員などが一堂に会し、連携に向けての交流が行われた。

 麻生区と多摩区が沿線となる川崎商工会議所では「具体的な事業への取り組みは今後決めていくが、新百合ヶ丘駅周辺の芸術関連施設や生田緑地の観光など、単独では難しい広域的なPRに相乗効果が生まれるのでは」と話す。協議会の事務局を務める町田商工会議所も「広域連携は、小田急線沿線各地の地域資源の価値を総合的に高められる。また小田急電鉄が各所をつなぐパイプ役となることで、沿線住民や乗降客に対し、大きな発信力も期待できる」とし、「まさに小田急沿線商工会議所を一つのグループとして、新しい連携の可能性を創造することができる」と話す。

 協議会として今後は、沿線商工会議所による「合同ビジネス交流会」「合同物産展」「合同婚活事業」「合同インバウンド対応事業」などさまざまな案を検討していく。また共同SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の運用を行い、フェイスブック・ツイッターを活用して観光スポット情報などを発信していくという。「まずは連携の合意に達したことが大きい。やること、やれることはたくさんあるのでこれから協議していきたい」と担当者。

 協議会は、川崎・小田原箱根・藤沢・秦野・厚木・相模原・町田・大和・多摩・海老名の各商工会議所と東京商工会議所新宿支部、小田急電鉄株式会社で組織されている。

麻生区版のトップニュース最新6

市内は減少傾向か

運転免許自主返納者

市内は減少傾向か 社会

川崎独自の後押しは未定

5月24日号

多様な組織連携で開設へ

ソーシャルデザインセンター

多様な組織連携で開設へ 社会

ネットワーク会議も検討

5月24日号

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に 社会

全校、23年度完了へ

5月17日号

緑地維持推進 計画を改定

新百合ヶ丘駅周辺

緑地維持推進 計画を改定 文化

人口増など踏まえ新指針

5月17日号

「全部で結果を残す」

桐光学園サッカー部西川潤選手

「全部で結果を残す」 スポーツ

高校、日本代表、Jリーグでプレー

5月1日号

区内各地 再整備加速へ

区内各地 再整備加速へ 経済

将来のまちづくり 進行中

5月1日号

GW、6割超が一部診療

市医師会加盟機関

GW、6割超が一部診療 社会

改元に伴う休日、開院数増

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク