麻生区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

7月に上演される劇団民藝の黒川稽古場公演などに出演する 神保 有輝美さん 多摩区在住 25歳

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

人間的な成長を表現へ

 ○…区内黒川にある劇団民藝の稽古場で7月に行われる公演に出演する新進若手女優の一人。今作「坂道と夏の日」は長崎で起きた原爆投下直前の日常を描いた作品。「悲惨さを表現した作品ではなく、そこにあった女学生の友情や恋心といった今と変わらない日常と戦争への葛藤などを生き生きと演じていければ」と意気込みを語る。

 ○…生まれ育ちは多摩区。近くの祖父母と一緒に大好きな「ごっこ遊び」を繰り返した少女時代を経て中学と大学で演劇部に所属。大学3年の時に就職活動と並行してチャレンジしたのが劇団民藝のオーディション。「民藝創立者の一人で俳優の滝沢修さんを私の祖父が好きだったのと、きちんとした歴史がある所で勉強しなさいって家族の勧めもあったので」と受けたオーディションに見事合格。大学生活と俳優養成講義のかけもちの後、2013年に初舞台を踏んだ。「何も分からない状態で、試行錯誤にも届かない感じでした。大変だった思い出ばかりですが、家族も喜んでくれたり、民藝に入ったんだなあって実感がありました」

 ○…オフの時間は美術館や動物園を巡ることが多く、民藝の機関紙で挿絵を描くなど、演じること以外の興味も多彩だ。「美術館では素直に鑑賞している時もあれば、色合いや切り口など、作者の思いとかを考えたりすることもあります。色々な人生や職業、環境を体験できるのが俳優の面白さだと思っているので、ひょっとしたら作品鑑賞などが演じることにフィードバックされているかもしれません」と笑う。

 ○…稽古場公演の後は紀伊國屋サザンシアターで9月末から上演される「篦棒(べらぼう)」にも出演が決まっている。「まだまだ駆け出しで世の中を知らないと感じることも多いです。技術ではなく人間的に大きくなってそれを表現できるよう模索していきたい。早く先輩方のライバルになれるよう頑張りたいです」

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク