麻生区版 掲載号:2016年10月21日号
  • LINE
  • hatena

柿まつりに盛況3千人 今年は20回記念の催し

文化

 小田急線柿生駅前で10月15日、この時期の恒例行事となった禅寺丸柿まつり(主催・柿生中央商店会)が開催された=写真。

 20回目の記念開催となった今年は快晴の中催され、約3000人が訪れるなど、例年通りの盛り上がりを見せていた。この日は午前中から多くの人が集まり、駅前ロータリーに設けられたステージでのアトラクションを観覧する人や飲食ブースの行列などで賑わった。

 人気となっている禅寺丸柿の即売は、収量が若干少なかったこともあり開始20分ほどで完売。また周辺会場では商店賞抽選会や種飛ばし大会、プロレスなども行われた。この日はまつり20周年企画として作られた柿生ご当地ソング「かきくけかきお」のプロモーションビデオが発表され、郷土愛を育もうという取り組みも盛況に行われていた。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

争いの歴史 楽曲で表現

昭和音大生自主企画

争いの歴史 楽曲で表現

各時代の音楽作品を披露

12月17日~12月17日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第140回 シリーズ「麻生の歴史を探る」水争い 後編参考資料:「横浜青葉区史」「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「歩け歩こう麻生の里」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    12月7日号

  • あさおマンスリー

    12月 December

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    12月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク