麻生区版 掲載号:2016年10月21日号 エリアトップへ

市内各大学で学園祭 11月上旬までピーク

教育

掲載号:2016年10月21日号

  • LINE
  • hatena
学生によるパフォーマンスも披露される
学生によるパフォーマンスも披露される

 秋の学園祭シーズン、川崎市内の各大学でも開催のピークを迎えている。市内各大学の今後の日程などは次の通り。※開催順

 ▽聖マリアンナ医科大学(宮前区菅生2の16の1)で「第45回聖医祭」11月2日(水)、3日(祝)午前10時〜午後4時開催。「愛と、人と、医と。」をテーマにチャリティーバザーやお笑いライブ(有料)に加え、小児科・小児病棟入院患者らが白衣に描いた絵を展示する「キッズアート」等、医大ならではの企画もある。入場無料。(問)【電話】044・977・8111 

 ▽専修大学(多摩区東三田2の1の1)創立137年専修大「鳳(おおとり)祭」、生田キャンパスで11月3日(祝)から6日(日)午前11時〜午後6時(3日は10時半〜5時10分、6日は10時〜4時)。模擬店等約200団体が参加。10号館芝生前で装飾「キャラコ」展示。4日は俳優・本郷奏多さんのトークショー、6日にはミス専修コンテスト。詳細はHP【URL】http://ohtori-senshu.com。(問)【電話】044・900・7830

  ▽昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部( 麻生区上麻生1の11の1)第47回学園祭「昭和音大祭」、同大南校舎で11月5日(土)・6日(日)午前10時〜午後8時開催。すばらしいと思う音楽は十人十色―。「Colorful〜何色にも染まる音楽を〜」をテーマに、学生による全8ステージ約100団体出演の公演などが行われる。全公演入場無料。詳細・問合せは同大学生会室【電話】044・966・7940へ。

 ▽和光大学(町田市金井町2160)「和光大学祭」11月5日(土)午前10時〜午後7時、6日(日)午前10時〜午後6時開催。テーマは「個性とつながる」。キャンパスの敷地が麻生区にまたがっている。(問)同祭実行委員会【メール】wakof2016@gmail.com

 ▽明治大学黒川農場(麻生区黒川2060の1)第5回「黒川農場収穫祭」、11月12日(土)午前11時〜午後4時開催。雨天決行。畑での収穫体験(有料・要予約)、黒川農場ガイドツアー、講演「農作物の上手な利用法」、農産物販売など。黒川地域で里山アート作品の野外展示同時開催。予約・問合せは同農場【電話】044・980・5300へ。

 ▽田園調布学園大(麻生区東百合丘3の4の1)DCU祭、同大で11月12日(土)、13日(日)午前10時〜午後4時開催。12日はケバブの無料配布、13日は移動動物園などを予定。(問)同大【電話】044・966・9211(代)

 ▽洗足学園音楽大学(高津区久本2の3の1)「Senzoku Gakuen Festival 2016」、同大で11月12日(土)、13日(日)午前10時から開催。「MUSIC TREE ひと、音楽、伝統、未来」をテーマに多彩なジャンルの演奏会が2日間行われる。入場料は演奏会により異なる。詳細http://www.senzoku.ac.jp/SGF/index.php

 ▽明治大学(多摩区東三田1の1の1)第16回明治大「生明祭」、生田キャンパスで11月18日(金)から20日(日)午前10時〜午後5時開催。「サーカス」をテーマに、来場者や参加者との輪を大切にしようと企画。学生主催の模擬店約100店、ステージ、野菜販売など企画が満載。詳細はHP(【URL】http://www.isc.meiji.ac.jp/~ikumei)。(問)実行委員会【電話】044・934・7930
 

キャラコを展示(昨年)
キャラコを展示(昨年)
昨年の様子(和光大)
昨年の様子(和光大)
過去の様子(明大黒川農場)
過去の様子(明大黒川農場)
過去の学園祭風景
過去の学園祭風景
賑わう会場(昨年)
賑わう会場(昨年)

麻生区版のローカルニュース最新6

東京2020に「川崎愛」

元川崎F(フロンターレ)部長天野春果さん

東京2020に「川崎愛」 スポーツ

「算数ドリル」、次の一手も

5月17日号

出会い糧に人生4幕目へ

出会い糧に人生4幕目へ 文化

加藤登紀子さんインタビュー

5月17日号

黒川駅前に新拠点

小田急グループ

黒川駅前に新拠点 社会

郊外での「職住近接」を提案

5月17日号

畑で学ぶ「地域デザイン」

和光大生

畑で学ぶ「地域デザイン」 教育

岡上でサツマイモ植え

5月17日号

キャラ弁巡る母娘の交流

キャラ弁巡る母娘の交流 文化

試写会に25組50人を招待

5月17日号

障害児の気持ちを体験

障害児の気持ちを体験 社会

ボランティア養成講座

5月17日号

認知症の母との絆 冊子に

稲城市伊藤千賀子さん

認知症の母との絆 冊子に 社会

希望者に配布中

5月17日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク