麻生区版 掲載号:2016年10月28日号
  • LINE
  • hatena

学力・学習状況調査 川崎市は全国と同程度

教育

 今年4月19日に小学校6年生と中学校3年生を対象に実施された全国学力・学習状況調査の結果がまとまった。川崎市は昨年度、「知識」分野3項目で全国平均を下回っていたが、今回は全体的にほぼ同程度の結果となった。

 この調査は、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析することで教育施策の改善や、学校での児童生徒への教育指導の充実、学習状況の改善等に役立てることなどを目的としたもの。

 対象は全国の小学6年・特別支援学校小学部6年の全児童、中学3年・中等教育学校3年・特別支援学校中学部3年の生徒で、毎年実施されている。今年度の川崎市では市立小・中学校および特別支援学校の約2万500人が参加した。

 調査内容は、国語と算数・数学の「知識」と「活用」に分けた問題に対する正答率をみる学力調査と、児童生徒の普段の生活や意識についてアンケートをとる学習状況調査。

 先ごろ公表された結果について、川崎市は学力については「全国と同程度」との見解を示した。全国を上回ったのは両教科の「活用」に関する分野で、同等が小学校算数、中学校国語、中学校数学の「知識」。下回ったのは小学校国語の「知識」となっているが、いずれも文部科学省の指針で「有意差の認められない」とするプラスマイナス5ポイントの範囲内のため、同程度という判断としている。

 市教委では「様々な角度から検証し、今後の指導ポイントに役立てていく」としている。

授業外の学習時間に格差

 また、学習状況調査では、「学校の授業以外の勉強時間」で2時間以上の割合が小学校で35・0%(全国25・9%)、中学校で40・1%(34・2%)と高い一方、30分以下も小学校17・5%(11・9%)、中学校17・6%(14・3%)という結果が出た。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

会員生徒の工夫展

川崎北部発明クラブ

会員生徒の工夫展

参加自由のWS(ワークショップ)も併催

1月26日~1月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク