麻生区版 掲載号:2017年1月27日号 エリアトップへ

新百合ヶ丘南口駅前広場 スロープ撤去し再整備 渋滞緩和の一助となるか

社会

掲載号:2017年1月27日号

  • LINE
  • hatena

3月末まで工事予定

 新百合ヶ丘駅の南口駅前広場再整備が今月16日に始まった。同駅周辺では近年、車両の交通混雑が社会問題化。川崎市は、同広場にあるスロープを撤去し、道路のスペースを広げることで、混雑緩和を図る考えだが、その一助となるか注目が集まる。

 新百合ヶ丘駅周辺では近年、特に休日や雨天時などに交通渋滞が慢性的に発生している。そこで市は、南口駅前広場に設置されているスロープを撤去し、広場のスペースを広げ、一般車やタクシーの乗降場側を再整備し、交通の円滑化を狙う。バリアフリーを目的につくられたスロープは、設置後に駅改札から近い場所にエレベーターが設けられたことで、車いす利用者などからあまり使用されなくなっていた。

 今回の再整備では、車両動線の整理・明確化や広場内の線形改善による交通の円滑化、ユニバーサルデザインタクシー乗り場の整備や身体障害者乗降場の再配置によるバリアフリー化、そのほか、横断歩道がないにもかかわらず、多くの人が横断しているバスの出入り道路には、横断防止柵の設置をし、安全性の向上を図る。

 工事の実施期間は今年3月末までを予定。工事期間中も広場内の道路を利用できる。市は「再整備により、車両通行の一層の円滑化を図り、利用しやすい駅前広場の運用を図ってまいります。交通ルールの順守、交通マナーの向上などご理解、ご協力をお願いします」としている。

麻生区版のトップニュース最新6

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

感染対策で修繕特別賞

グリーンタウンポプラ街区

感染対策で修繕特別賞 社会

業界団体「他の模範になる」

6月11日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

川崎・町田 両市が連携

6月4日号

子ども食堂で手芸品配布

地域ボランティア

子ども食堂で手芸品配布 社会

 保護者支援 寄付の布使って 

6月4日号

「子ども目線の原爆」本に

金程在住横田さん

「子ども目線の原爆」本に 教育

語り部 森政さんが題材

5月28日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter