麻生区版 掲載号:2017年4月7日号 エリアトップへ

公示地価麻生区 商業地の上昇続く 住宅地は鈍化傾向

社会

掲載号:2017年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 全国の住宅地と商業地の公示地価(今年1月1日時点)が、国土交通省から先月21日に発表された。麻生区では計40地点で調査され、新百合ヶ丘駅周辺などの商業地では引き続き上昇が顕著、住宅地では上昇幅が鈍化する傾向が見られた。

 川崎市全体では7区全ての平均変動率(前年比)が住宅地で4年連続、商業地で5年連続上昇した。

 麻生区では、住宅地35地点、商業地5地点の価格が示され、商業地の最高値は新百合ヶ丘駅(南口)前の「上麻生1丁目5番3」の98万円/平方メートルで、対前年の変動率は4・5%増。住宅地では、「百合丘2丁目11番3」の35万8千円/平方メートルで対前年2・0%増だった。

 区全体の平均の価格と変動率(カッコ内は前年)は、商業地が48万2600円(46万9800円)/平方メートルで平均変動率2・1%(1・7%)と堅調を維持。一方、住宅地は20万3300円(20万3500円)/平方メートルで平均変動率0・5%(0・9%)と、上昇はしているが、上昇幅が鈍化する結果となった。

 こうした現況について、区内の不動産店 東急リバブル株式会社新百合ヶ丘センターの金澤健男センター長は「駅に近く、利便性に優れた場所は堅調。今後、小田急多摩線沿線エリアは、アクセス面の良さで地価に反映される可能性がある」と話した。

 神奈川県の担当者は「住宅地では高齢化や人口の減少が進んでいる地域の下落率が拡大し、商業地では、高度商業地の上昇値が(全体)を牽引している」と分析した。

 川崎市内では、商業地で中原区の上昇幅が縮小したほか、川崎駅前の地点が横浜駅前につぎ、県内商業地価格の第2位となった。住宅地は都心に隣接する利便性から上昇地点は多いが、4年連続県内最高価格地であった武蔵小杉の地点は上昇幅が縮小し、今回は県内価格第2位となった。
 

麻生区版のトップニュース最新6

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域の将来 語る場創出

麻生区

地域の将来 語る場創出 社会

初回会議 1月末に開催

1月17日号

将来見据えた地域づくり

多田区長インタビュー

将来見据えた地域づくり 社会

コミュニティ構築に重点

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

先読む力 令和に開花

片平小4年福田佳朋君

先読む力 令和に開花 文化

囲碁全国大会 3度目出場

1月1日号

多様性受け入れ150回

音楽交流サロン奏

多様性受け入れ150回 文化

川崎授産学園で開始7年

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

懐かしの歌で健康に

懐かしの歌で健康に

リリオスで7回目の開催

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク