麻生区版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

栗木線区境開通 稲城市へアクセス向上 「相互交流で地域活性へ」

社会

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena
栗平駅周辺から若葉台方面へ向かいやすくなった
栗平駅周辺から若葉台方面へ向かいやすくなった

 区内栗平周辺と稲城市の新興住宅地を結ぶ道路が4月25日に開通した。稲城市方面へアクセス手段が増えることでの利便性向上や、麻生区と稲城市の一体的なまちづくりの推進など相乗効果も期待されている。

 新たに開通したのは都市計画道路栗木線の稲城市との境区。開通区間は麻生区栗木2丁目10番地先及び栗木台5丁目3番地先。栗平駅周辺の住宅地から、稲城市で実施されている稲城上平尾土地区画整理事業のエリアを結ぶ道路となる。

 道路整備は土地区画整理事業の進捗に合わせ、2015年3月から今年3月までの工期で進められていた。道の開通によって栗木方面から若葉台へのアクセス向上、稲城市方面からは栗平駅に向かう生活道路としての役割が期待される。川崎市道路河川整備部は「新百合ヶ丘方面へ向かう平尾中央通りなどの交通量が分散されるほか、整理事業全体では両市の一体的なまちづくりによる効果も期待できる」としている。

両市関係者による式典も

 25日には現地で交通開放式典が開催され、北沢仁美麻生区長や高橋勝浩稲城市長、土地区画整理組合関係者ら50人以上が出席。テープカットや道路管理車両先導による一般開放行事が行われた。北沢区長は挨拶で「稲城市や稲城上平尾土地区画整理組合の方々の尽力で今回の開通に至った。利便性が向上されることで文化交流など地域の活性化にもつなげていきたい。稲城の方々に麻生区のイベントなどに足を運んでもらえたら」と語っていた。
 

開通式でテープカットも行われた
開通式でテープカットも行われた

麻生区版のトップニュース最新6

親子応援に25組協力

あさお子育てフェスタ

親子応援に25組協力 社会

9月 3年ぶり開催へ

8月12日号

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

服交換で廃棄減へ

下麻生スタジオ

服交換で廃棄減へ 社会

児童らがモデルに挑戦

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

バトン世界選手権へ

麻生中3年川口さん

バトン世界選手権へ スポーツ

来月2日から伊で開催

7月29日号

初の広報文コンクール

麻生警察署

初の広報文コンクール 社会

34作品の音声録音、放送へ

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ競技「ボッチャ」を体験

パラ競技「ボッチャ」を体験

岡上こども文化センター

8月27日~8月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook