麻生区版 掲載号:2017年9月15日号 エリアトップへ

活力の源は「感動の追及」 75歳の大学院生 西村颯香(さつか)さん

文化

掲載号:2017年9月15日号

  • LINE
  • hatena
大学院で高齢者と子どもたちの関わりを学ぶ西村さん
大学院で高齢者と子どもたちの関わりを学ぶ西村さん

 今年75歳になった西村颯香さんは4月から田園調布学園大学の大学院に通い、福祉について学んでいる学生の一人だ。

 大学院の人間学研究科で学んでいるのは、子どもと高齢者の世代間交流によってもたらされる相乗効果など。「施設にいるおじいちゃんおばあちゃんが、訪問してきた子どもたちとふれあうことで元気になっていく様子は実感していましたが、子どもの方はその時にどう感じているんだろう、高齢者も本当に元気になっているのかなって興味を持ったのがきっかけです」と西村さんは話す。

福祉学び地域に還元

 23年前、交通事故に遭った夫を介護するも8年後に他界。悲しみを乗り越えて進んだのが「福祉を学ぶ」という道だった。専門学校に通い始め、2年後の2005年に同大の人間福祉学部に3年生として編入し、子どもから高齢者、精神など福祉全般を学んでいった。大学卒業後は「介護予防」の重要性を実践するために宮前区の自宅を開放し、ボランティアによる高齢者ミニデイサービス「ふれあいサロン・さつか」を設立。地域の仲間と高齢者の拠り所を提供している。「他の人がしないことで地域に貢献したい。皆さんに喜んでもらったことがいつか自分にも回りまわってくることがあったら嬉しいじゃない?」と西村さんは笑う。

目標見据え日々を有意義に

 「見たい所や食べたい料理があれば仲間を誘って訪れます」。大学院に通いミニデイサービスの運営に加え、新生児の母親訪問、老人いこいの家の実施委員といったボランティアに動き回りながらも旅行やグルメツアーなど、プライベートも充実させる西村さん。「家でゆったりとかしていられない性格なんです。陶芸や絵画などの趣味で何かを作る代わりに私は知識や経験を貯めていきたい」。

 学ぶことにボランティア、趣味の旅行など全ての行動の基にあるのは「感動の追及」だという西村さん。知的欲求を満たし、喜ばれる活動や旅行先の風景、美味しい料理などを感動として吸収していくことが日々の活力に繋がっている。

 最近は市内外で講演を依頼される機会も増えており、そこで伝えているのが「60歳を楽しみたいなら50代を頑張る、70歳だったらその前を頑張る。先の目標を考えながら毎日を有意義に暮らすことが元気になる秘訣だと思うんです」。

 自身の目下の目標は、大学卒業当時に取得できなかった「社会福祉士」資格への再挑戦。少し先も見据えた日々の行動も元気の源となっている。

麻生区版のローカルニュース最新6

困ったことがあれば相談

【Web限定記事】

困ったことがあれば相談 社会

市内各種窓口を紹介

5月29日号

図書館が再開

【Web限定記事】

図書館が再開 文化

サービスは限定

5月29日号

家庭ごみ、南北縦断

【Web限定記事】

家庭ごみ、南北縦断 社会

巣ごもりで5〜20%増

5月29日号

文化の担い手を応援

【Web限定記事】

文化の担い手を応援 文化

5万円を支給

5月29日号

外で元気に畑しごと

外で元気に畑しごと 教育

 岡上で種まき

5月29日号

オリジナル除菌ソング公開

【Web限定記事】かわさきレビューESP

オリジナル除菌ソング公開 文化

「マツケンサンバ」真島さん振付

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク