麻生区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

桐光中合唱部 初出場で関東大会へ 「楽しみながら」歌声一つに

文化

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
初の関東コンクールに挑む桐光中合唱部の部員たち
初の関東コンクールに挑む桐光中合唱部の部員たち

 桐光学園中学校合唱部が、先月20日に神奈川県立音楽堂(横浜市)で行われた第60回神奈川県合唱コンクール中学校部門に初出場し、金賞に輝いた。同中学は県代表として、10月1日(日)に静岡県浜松市で開かれる第72回関東合唱コンクール中学校部門に挑む。

 同校は中高一貫の特性から、これまで中学3年と高校生の部員が県合唱コンクールに出場し、昨年県コンクール3連覇を達成するなど実績を残していたが、中学生の部員が増えたため、今回初めて中学校合唱部としてエントリー。混声・同声を合わせ12の出場校の中から4校のみが選ばれる金賞に、初出場ながら輝いた。

 部長の阿部有紗さん(3年)は、「部員全員をまとめるのが大変だったが、まさか金賞を獲れると思っていなかったので、驚いた」と喜びを語る。

「普段の姿勢も技術に繋がる」

 同校の合唱部は、歌が好きな仲間たちと「楽しく歌う」ことをモットーに日々練習を重ねている。阿部さんは関東コンクールでも「楽しむことを忘れない」と意気込むが、「歌だけではなく、会場での姿勢や、普段の生活態度などが技術に繋がっていく」と規律正しい一面も見せる。

 関東コンクールには、県コンクールでも歌った「サーカス組曲」(鈴木輝昭作曲)の中の1曲で挑む。同部顧問の井上淳子教諭は「奥深い曲で、歌えば歌うほど課題が見えてくる」と話す。アルトパートリーダーの岡本衣茉里さん(3年)は、「ステージ当日は、それまで練習してきたことを大切にして臨みたい。このチャンスなので、あわよくば全国大会まで行きたい」と語った。

 また、同校の高校合唱部は、県コンクール高校部門Aグループで金賞を受賞し、9月30日(土)に開催される関東合唱コンクール高等学校部門に県代表として出場する。
 

麻生区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県、市内6区で調査

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

住宅地 横ばい傾向続く

麻生区基準地価

住宅地 横ばい傾向続く 経済

商業地の伸び 市内トップ

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自転車に保険加入義務

自転車に保険加入義務 社会

県条例 10月から本格開始

10月4日号

悲願の全国 納得の演奏を

桐光学園合唱部

悲願の全国 納得の演奏を 教育

来月開催のNコンに初出場

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

実例から学ぶ地域づくり

実例から学ぶ地域づくり

牧岡英夫さん講演会

10月20日~10月20日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク