麻生区版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

平成29年第3回川崎市議会定例会 決算審査特別委員会が終結 川崎市議会議員 おいぬま純

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

 9月1日〜10月6日の日程で、定例会並びに決算審査特別委員会が会期末を迎えました。平成28年度に皆様からお預かりした税金の使い道が適正であったかどうか、十分な審査を重ねる、大切ないわゆる「決算議会」でした。

かわさき健幸福寿プロジェクト

 要介護度の改善・維持を目標とした「かわさき健幸福寿プロジェクト」。介護サービス事業所の積極的な取組みを評価し、インセンティブを付与しています。その効果は事業所のモチベーション向上・介護サービスの質の向上に資するものです。

 【1】この目標に対し、「要介護度を改善することによる事業所が受け取る介護報酬の低下」という「頑張った分収入が減る」状況があります。当該事業所の根本的問題解決には、いまだ未達であることを指摘。これに対し平成30年度は国の補助・施策の推進により徹底した「介護報酬の仕組みづくり」がなされると報告がありました。

 【2】要介護度改善は、介護サービスを受けられる範囲の限定または縮小につながる事が考えられます。事業所・利用者様の達成感の反面、ご家族の日常の負担が増加し、行動制限につながります。健康福祉局からは「老人いこいの家等の利用増加により、負担を極力少なくなるよう考えている」と答弁がありました。しかし、麻生区内には当該施設が完備されているとは言い難い状況です。「事業所・利用者様・ご家族」まずは3方向からの好悪両面を予測しなければならないと意見します。

レセプトデータ点検業務

 川崎市国民健康保険の被保険者の診療報酬明細書(以下「レセプト」 )に関して質問しました。「レセプトを画像処理→それを限られたスタッフでチェック→明らかに無用と思われる複数回受診等への是正」が行われており、毎年約3億円程度の複数回受診等が発見され、是正され続けています。過去5年間も同程度であり、約15億円が「明らかに不要な受診」と見られます。このように、【作業人数・投じた予算額・その効果額】が明確に示された業務は稀有です。市の社会保障関連事業費が増大し続ける中、適正額を見出す業務として取り上げました。

川崎市総合計画 第1期実施計画中間評価

 各施策に対し、関連局から「設定した目標値・結果」が報告されました。目標未達項目は少ないものの、「設定目標の曖昧さ・根拠の無さ」を指摘。地域包括ケアシステムの周知度の割合も低レベルで、早期に取り組む必要性のある事業として位置づけられたのであれば、更なる推進を求めます。今後、各事業の費用対効果は「明確さ」を川崎市に求め、今期の決算議会の結果は、「将来への麻生づくり」に活かして参ります。
 

おいぬま純

川崎市麻生区王禅寺東6-11-16-201

TEL:044-987-3270

http://www.jun-oinuma.com

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

初めての一般質問・高齢者の身体拘束について

市政報告

初めての一般質問・高齢者の身体拘束について

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

8月9日号

生涯現役で働ける社会をめざして

市政報告

生涯現役で働ける社会をめざして

公明党川崎市議団 花輪 孝一

7月19日号

若年層の政治参加啓発を提案

議会報告

若年層の政治参加啓発を提案

川崎市議会議員 月本たくや

7月12日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

自然災害・対応基盤作り関連事業は急務!〜平成31年第1回定例会報告〜

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

活弁付上映を野外で

活弁付上映を野外で

西生田小で初開催

8月24日~8月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第155回 シリーズ「麻生の歴史を探る」蚕影山信仰 後編 文:小島一也(遺稿)

    8月9日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク