麻生区版 掲載号:2017年11月17日号 エリアトップへ

川崎市麻生スポーツセンターの館長を先月から務める 西野 弘二さん 大和市在住 53歳

掲載号:2017年11月17日号

  • LINE
  • hatena

人々により豊かな暮らしを

 ○…「一人でも多くの方にご利用いただき、健康づくり、体力づくりの役に立っていきたい」。先月16日に麻生スポーツセンターの館長に就任。「地域に貢献できる活動をし、区民のみなさまとともに、よりよいまちづくりの力になっていきたい」と語る。地元利用者とのコミュニケーションも密にとれており、チームワークのよいスタッフとともに、まずはこの継続が当面の目標という。

 ○…大学卒業後、家電関連の企業で営業を担当し、「当時は、家庭用の電化製品が売り出され始めた頃で、人々の暮らしを豊かにしていった」と振り返る。およそ28年続け、「家電はある程度普及してひと段落し、これからは体づくり、健康づくりが重要だと思った。別の面から人々の暮らしを豊かにしていきたい」と一念発起。麻生スポーツセンターも運営するシンコースポーツ(株)に2年ほど前に移った。

 ○…高知県出身。子どもの頃は毎日のように草野球をし、中学、高校ではソフトボールに夢中になった。阪神タイガースが高知県内の安芸市でキャンプを行っていたこともあり、掛布雅之さんのファン。「そんなに体が大きいわけでもないけれど、人一倍の努力をしてあそこまでの選手になった」と、その姿勢に憧れた。スポーツセンターでも「より改善すべきところは少しずつでも改善し、前進していきたい」と、地道な努力を惜しまない。

 ○…シンコースポーツ(株)が運営する、新規立ち上げとなった都内の中野区南部スポーツ・コミュニティプラザや、中央区総合スポーツセンターで経験を積み、今回初めての館長となった。地域でまだ利用していない人に対しても、広報活動を活発に行っていく考えだ。「イベントなどを通して、一歩踏み出せない方に、運動の背中を押すきっかけづくりをしていきたい」と、スポーツを通して、人々の暮らしをより豊かにするために奮闘する。

麻生区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

渡辺 孝一さん

11月開催の「あさおわくわくウォーク」を主催する麻生区青少年指導員会で長を務める

渡辺 孝一さん

上麻生在住 66歳

9月20日号

鈴木 絢子さん

29日に催される「百合丘ふるさとまつり」のメンバーとして企画、運営を行う

鈴木 絢子さん

高石在住

9月13日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

秋の歌声喫茶

秋の歌声喫茶

交流館やまゆりで26日

10月26日~10月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第159回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 後編 文:小島一也(遺稿)

    10月11日号

  • あさおマンスリー

    10月 October

    あさおマンスリー

    麻生区長  多田貴栄

    10月4日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第158回 シリーズ「麻生の歴史を探る」江戸で人気 禅寺丸柿 前編 文:小島一也(遺稿)

    10月4日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク