麻生区版 掲載号:2017年11月17日号 エリアトップへ

ごみ出し難民対策 「ふれあい収集」16年で6倍 将来的な人手不足懸念

社会

掲載号:2017年11月17日号

  • LINE
  • hatena

 高齢者らが自力でごみを出しにいけない、いわゆる「ごみ出し難民」が全国的に増加している。川崎市でもその対策の一環として2000年に導入した「ふれあい収集」の利用世帯(普通ごみ)が16年間で約6倍に増加し、将来的な人手不足等が懸念されている。

 高齢で足腰が弱くなりごみを出すことができず、ごみ屋敷化してしまう家庭では、ごみにつまづき転倒し骨折、寝たきりになるケースもあるという。こうした被害を防ぐ対策として、市が00年から導入しているのが「ふれあい収集」だ。

 65歳以上または障害者で、一人暮らし、もしくは同居家族がごみを集積所等まで持ち出せない世帯に対し、普通ごみ・資源物・粗大ごみを職員が排出者宅前や所定の場所まで直接収集に行くサービスを行っている。対象者は、事前に所管の生活環境事業所(市内5カ所)に申し込む。

 サービス導入翌年の01年度には、普通ごみの実施世帯数が全事業所で133世帯だったのに対して、今年10月1日現在では861世帯と、約6倍に増えている。市は「現状は通常の業務の範囲内で対応できているが、今後も利用者の増加が見込まれるため、人手不足が危惧される。福祉関連部署との連携を含め、新たな収集方法を模索している」としている。

 ふれあい収集に関する問合せは市環境局収集計画課(【電話】044・200・2583)へ。

麻生区版のローカルニュース最新6

市内の公道走行中止

聖火リレー

市内の公道走行中止 社会

代替えに点火セレモニー

6月18日号

小学生記者を募集

小学生記者を募集 社会

8月にパン店取材

6月18日号

呼びかけに79人献血

呼びかけに79人献血 社会

白百合LC(ライオンズクラブ)新ゆり駅前で

6月18日号

若手落語家5人会

若手落語家5人会 文化

7月 柳亭市若さんら

6月18日号

やまゆりでパソコン講習

やまゆりでパソコン講習 社会

資料・表作成学ぶ6回

6月18日号

マスクケースを制作

5月開催

マスクケースを制作 社会

川崎競馬場×studio FLAT

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで一緒に歌を

みんなで一緒に歌を

FAiCOミニコンサート

6月25日~6月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter