麻生区版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

学校への変わらぬ愛情 東柿生小学校

教育

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
広々としたグラウンドを囲むように建つ校舎
広々としたグラウンドを囲むように建つ校舎

 教育に熱心だった柿生地域で、東柿生小学校のルーツは現在の柿の実幼稚園の辺りにあったという江戸時代の寺子屋まで遡る。その後、麻生不動院での仮校舎開学といった歴史などを重ね、現在の柿生中学校にあった小学校の分教場から独立した小学校として70年前に誕生したのが東柿生小だ。

 同校を語る上で欠かせないのが「地域で作り上げた小学校」の逸話。3教室で開校した東柿生小の増築を検討するも行政が終戦後に優先したのは焼け落ちた学校の再建から。そこで始まったのが地域住民による第2校舎の建設だった。校庭を整えてさらに広げる作業や、建設に必要な材木の購入まで地域主導で行われたという。開校の翌年に完成した新たな教室も含め、地元住民らによる「自分たちの小学校」という思いは今でも地域の歴史として語られている。

 学校への愛着という部分で見ると、保護者ではなく地域の高齢者らによる「防犯パトロールボランティア」が毎朝通学路に立つという取組みにも表れている。生徒たちがボランティアメンバーと挨拶やハイタッチを交わしながら学校へ向かう様子は長年続いている微笑ましい光景だ。

 そんな東柿生小では地域と結びついた授業も多い。小学6年までの間に禅寺丸柿のことを学び、早野のお囃子を覚え、里山では地元ボランティアの協力で自然についての学習などに取り組む。そしてこれら学習の成果は毎年、保護者と地域の関係者を招いて開催される「スマイルキッズ」という行事で披露されている。

 白石久美子校長は「生徒と学校に対して温かな眼差しが向けられているのが東柿生小の魅力の一つだと感じています。この地で暮らしてきた人の思いを学びながら、自分たちもそこに居る意識というものも生徒に伝えていきたい」と話す。

麻生区版のローカルニュース最新6

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

川崎で40年ぶりに復活

神大OB組織

川崎で40年ぶりに復活 文化

市内卒業生 有志が再建

7月12日号

西生田中生が記者体験

西生田中生が記者体験 教育

取材、記事の書き方学ぶ

7月12日号

理美容で途上国支援

理美容で途上国支援 社会

30日 チャリティーカット

7月12日号

ねんど造形で創造力養う

ねんど造形で創造力養う 教育

田調大でアート企画

7月12日号

年に1度の成果披露

年に1度の成果披露 文化

市民館でサークル祭

7月12日号

花苗の提供先を募集

花苗の提供先を募集 社会

区内の美化推進事業

7月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一面に壮大な夏の夜空

新百合ヶ丘総合病院

一面に壮大な夏の夜空

プラネタリウム上映会

7月19日~7月19日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク