麻生区版 掲載号:2017年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

共に育てた米を寄贈 JAセレサが岡上小へ

教育

児童に向けて挨拶する原組合長
児童に向けて挨拶する原組合長
 セレサ川崎農業協同組合(JAセレサ川崎、原修一代表理事組合長)が4日、岡上小学校を訪れ、岡上地区で収穫が行われた米約60kgを寄贈した。

 届けた米はうるち米約30kgと古代米約30kg。これらはJAセレサ川崎の創立20周年記念事業として、JAセレサ川崎と同小児童、地域が協力して、うるち米と色が付いた古代米で田んぼに「JAセレサ川崎 20th 岡上」の文字を浮かび上がらせた田んぼアートの企画で用いられたもの。

 体育館に集まった児童の前で挨拶した原組合長は「お米は収穫までに88もの作業があると言われ、農家の方々が大変な思いをしながらお米を作っています。農家や家族への感謝を忘れずにこれからも勉強やスポーツを頑張ってください」と話していた。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丸太切りに挑戦

丸太切りに挑戦

21日に体験イベント

7月21日~7月21日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク