麻生区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

欧米の診療スタイルを取り入れた国際水準の歯科医院 駅徒歩3分 新百合ヶ丘南歯科

歯科衛生士によるメンテナンス。マイクロスコープを必ず使用
歯科衛生士によるメンテナンス。マイクロスコープを必ず使用
 「新百合ヶ丘南歯科」の高山院長(日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医)は、「欧米先進国では、かぶせ物入れ歯、根の治療、歯周病、歯列矯正、口腔外科などそれぞれの専門医がチームで一人の患者さんを診察する『インターディシプリナリーアプローチ』が浸透してきています。他の先進国と比べ、日本では海外と同レベルの歯科専門医制度が確立されておらず、また、健康保険制度を中心とした治療制限があるため、患者さんがベストな治療環境で診察を受けられないのが現状です」と語る。そのため、長年口の中の悩みが解決されずに困っている人や、一度治療した箇所の再治療が高頻度で必要になる人などが多く見受けられるという。

 「当院では、『長期的にお口の中の環境を安定させる』ために、欧米を中心とした先進国で行われているスタンダードな診療スタイルを取り入れ、保険診療にとらわれない自由診療システムで全ての治療、処置を行っています」

新百合ヶ丘南歯科

川崎市麻生区上麻生1-3-5ドレイク202

TEL:044-322-8037

http://www.sym-dc.jp

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク