麻生区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

川崎グリーンライズ相模原 中学アメフト頂点目指す 日本選手権に初出場

スポーツ

日本選手権に出場する川崎グリーンライズ相模原メンバー
日本選手権に出場する川崎グリーンライズ相模原メンバー
 多摩区生田の専修大学グラウンドで練習を行っている中学生アメリカンフットボールチーム「川崎グリーンライズ相模原」(斉藤茂清監督)が1月8日(祝)、富士通スタジアム川崎(川崎区)で行われる日本一決定の大一番「中学生アメリカンフットボール選手権」に初出場する。

 川崎リトル・ジュニアグリーンマシーンと、ノジマ相模原ライズジュニア、2つのアメフトクラブの中学生によって13年に誕生した同チーム。昨年9月から行われてきた関東6チームによるリーグ戦を5戦全勝で制し、東西1位チームによる決定戦まで駒を進めた。

 一昨年のリーグ戦こそ2位(3勝1敗)だったが、それまで公式戦は1勝のみだった同チーム。今年度は前リーグ戦を経験した3年生中心の編成となり、チーム力が向上。別々の中学校から集まり、合同練習は毎週日曜日のみというハンデを乗り越え、選手権の切符を手にした。斎藤監督は「選手もスタッフも充実しているのでぜひ優勝をもぎ取りたい」と話す。

「最後まで諦めない戦いを」

 チームを牽引するのがキャプテンの牧野鉄平君(相模原市立弥栄中3年)と、菰渕(こもぶち)祐人君(川崎市立中野島中3年)、大見昌也君(江戸川区立篠崎中3年)、坂場文哉君(私立日大三中3年)の副キャプテン3人。牧野キャプテンは「最後まで諦めない戦いをしたい。チームのためにしっかり動いて全力を出して勝つ」、菰渕君は「3年生最後の試合なので絶対勝ちたい。飛んできたパスは全部取るつもりで試合に挑みます」と、それぞれ意気込みを語る。

 富士通スタジアム川崎での日本選手権は8日の午前10時試合開始予定。

写真右から大見君(副キャプテン)、坂場君(副キャプテン)、牧野キャプテン、菰渕君(副キャプテン)
写真右から大見君(副キャプテン)、坂場君(副キャプテン)、牧野キャプテン、菰渕君(副キャプテン)

麻生区版のローカルニュース最新6件

「3・11」  鎮魂込め巡礼

サンキン会

「3・11」 鎮魂込め巡礼

9月21日号

世界初挑戦で銀メダル

白鳥中1年川頭昊士(かわずこうし)君

世界初挑戦で銀メダル

9月21日号

「認知症にやさしいまちへ」

洋菓子のプロが登壇

雨に負けず伝統継続

臨海部夏フェスに8千人

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋菓子のプロが登壇

洋菓子のプロが登壇

市民館で講演会

10月21日~10月21日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第133回 シリーズ「麻生の歴史を探る」津久井街道〜登戸宿、竹の花宿 前編

    9月21日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク