麻生区版 掲載号:2018年1月5日号
  • LINE
  • hatena

区内1950人が新成人 8日 とどろきでつどい

社会

 川崎市の新成人が一堂に会す「成人の日を祝うつどい」が1月8日(月)、とどろきアリーナで開催される。主催は川崎市、市教育委員会、市選挙管理委員会。

 対象となるのは、1997(平成9)年4月2日から1998(平成10)年4月1日に生まれた市内住民登録者で、1万3981人(2017年11月30日時点)が成人を迎える。

麻生は市内最多の増加

 麻生区の対象者は1950人で、前年との対比では市内で最も多い178人の増加となる。対象者の最多は宮前区の2371人。最少は幸区の1292人。

 式典は2部制。第1部では、主催者のあいさつに続き、恒例となった新成人へのお祝いビデオメッセージが放映される。各区の中学校の教諭や川崎フロンターレ、川崎ブレイブサンダースの選手など、川崎にゆかりのある著名人が登場する。また第2部では、川崎ブレイブサンダースの今シーズン応援ソングを担当し、市内出身メンバーもいる4人組バンド「sumika」がライブを行う予定だ。

 今回も、成人式のさまざまな企画を「成人式サポーターグループ」が担当した。「社会参加のきっかけに」と市が公募した18歳から25歳までの9人が集まり、「同年代の人に成人式を楽しんでもらうには」という視点で、ゲストの選考やビデオメッセージ企画の取材などを行った。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク