麻生区版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

中学生が1日税務署長に 名刺交換や署内業務体験

教育

作文を読み上げる岡本さん(上)と松縄さん(下)
作文を読み上げる岡本さん(上)と松縄さん(下)
 川崎西税務署(麻生区上麻生、篠原幹根署長)で昨年12月、市内中学生を1日税務署長に迎えた納税のPRイベントが実施された。

 1日署長を務めたのは、市立はるひ野中学校2年の松縄華音さんと同南菅中学校(多摩区)1年の岡本夢叶さんの2人。両生徒は川崎西納税貯蓄組合連合会主催の「中学生の税についての作文」で、今年度の川崎西税務署長賞を受賞したことにより1日税務署長に就任した。

 2人は税務署職員を前にしての訓示として、受賞作文を朗読。その後はタスキや名刺を渡され、署内の視察や決裁書類への模擬押印などの手続きなどを体験していった。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第115回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(3)石造物〜道祖神 前編

    1月12日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク