麻生区版 掲載号:2018年1月12日号
  • LINE
  • hatena

伝統の矢に願い込め 高石神社で流鏑馬

文化

「歩射」で弓を引く保存会のメンバーら
「歩射」で弓を引く保存会のメンバーら
 高石神社で8日、伝統の流鏑馬が執り行われた。

 高石地区では古くから流鏑馬が行われており、現在では流鏑馬保存会のメンバーらによって継承されている。以前は馬に乗って矢を放っていたが、現在は馬に乗らずに立ったまま的を射る「歩射」という形式で行われている。

 当日は、一般の参拝者が参加できることもあり、多くの人が集まった。的に命中すると、その年無病息災の願いが叶うとされ、保存会のメンバーらが行った後、一般参拝者も慣れない手つきながらも真剣に、矢を放っていた。的に命中すると拍手や歓声が起こり、盛り上がりを見せた。保存会の横山孝昭会長は「この地で約360年続く伝統を守り、後輩たちに伝承し、広めていきたい」と語った。

麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

  • 8月17日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手演奏家の競演

若手演奏家の競演

25日 芸術のまちコンサート

1月25日~1月25日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第142回 シリーズ「麻生の歴史を探る」露天商揚屋一家 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「稲毛郷土史(伊藤葦天)」「川崎市史」

    1月11日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク