麻生区版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

麻生署110番通報 3割超が出動不要電話 緊急対応 支障きたす恐れ

社会

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
110番の適正利用を呼びかける麻生署員(写真提供・麻生警察署)
110番の適正利用を呼びかける麻生署員(写真提供・麻生警察署)

 「110番の日」となった1月10日、麻生警察署が区内で緊急電話110番の適正利用を呼びかけるチラシ配布を行った。同署が対応した昨年1年間の110番通報は約7900件で、そのうち3割以上を占める2500件は署員などの出動が不要な通報だ。

 麻生署が1年間で対応している110番通報はここ数年、7千件台後半から8千件超。その中で出動不要件数は2012年の約1800件から年々増加傾向にあり、昨年の2500件は一昨年(2800件)から減少に転じたものの依然多いのが現状だ。

 神奈川県内の110番通報は横浜市内にある110番センターに集約され、オペレーターが状況の詳細を確認した後、各警察署などに伝達する仕組み。麻生署に届く連絡で多いのがタヌキなどの動物が道路で死んでいるといったものや、「近くのガソリンスタンドはどこか」といった目的地までのルートを尋ねる通報などだという。

 道路上の障害物や停車中の車などは交通事故を引き起こす可能性もあり、必ずしも不要な通報と言い切ることはできない。しかし麻生署関係者は「このような電話もセンターから署に連絡が届き、通報した方にこちらから連絡を返して状況の確認などの対応をおこなっている。道を尋ねてきた方などには目的地までの道も伝えてはいるが、その時間に緊急を要する事件などが発生した場合に初動対応が遅れる可能性もある」と頭を悩ませる。

不急の際は「♯9110」

 同署では110番の正しい利用法などを記したパンフレットを毎月27日の「交番の日」などで配布するなど周知活動を行っている。関係者は「110番は緊急電話だという認識を持って欲しい。急を要さない情報や相談、要望などは『♯9110』か麻生署の一般電話(【電話】044・951・0110)まで連絡をお願いしたい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook