麻生区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める 佐藤 忠男さん 日本映画大学名誉学長 87歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

多彩な芸術 親しむ機会に

 ○…新百合ヶ丘に点在する文化ホールなどを中心にオペラやバレエ、ジャズ、演劇に古典芸能まで、多ジャンルの公演を行う芸術祭「アルテリッカしんゆり」実行委員長。今年で10年目となる恒例イベントだが「映画や音楽の大学、拠点施設などが新百合ヶ丘に出来て、芸術文化が育つ土壌は感じていたけれどイベントが盛り上がる保証もないので10年続くとは思っていなかった」と胸の内を明かす。

 〇…新潟県生まれ。13歳で飛行兵を目指すも翌年終戦、再開されたアメリカ映画を観て衝撃を受けた。「若い娘が颯爽と都市を歩き、男たちが健全な笑顔で振り返るシーンに文化の違いを痛感しました。敗戦の要因に文化の違いがあったんだってショックを受けて、帰りの足がふらついたのを覚えています」。電電公社に勤めながらも映画への情熱は冷めず、論文や批評の投書を続けるうちに若手の批評家として頭角を現した。

 〇…日本映画大学の名誉学長。趣味は特にないときっぱり答えるその裏返しで映画への強い思いがある。講演先のアジア各国で見つけた現地映画を評価し日本に紹介する活動はモンゴル、ベトナム、韓国などで文化勲章を受章するなど評価を得ている。「欧米などでの受賞より、まだ映画産業が途上の国にある素晴らしい作品を紹介して、それが認められるのは、自分が仕事をしたんだなって気持ちが持てて嬉しい」。

 〇…さまざまな映画に脚光を当てることと同様の思いで、アルテリッカには多様な芸術に親しんで欲しいと願いを込める。「この時期にしんゆりに来れば何かしら楽しめる公演があるので興味がある分野だけでなく、新劇が好きなら能や狂言も、ジャズからオペラなど横断的に他の芸術も楽しんでもらいたい」。誰でも多種多様な文化の話が出来る芸術祭にしていくことをこの先の目標に「今までやって来たことをきちんと続けることが大切だと思っています」と笑顔で前を向く。

麻生区版の人物風土記最新6

窪嶋 真弥さん

整理収納アドバイザーとして自宅セミナーの開催やテレビ番組にも出演する

窪嶋 真弥さん

万福寺在住 39歳

11月8日号

香川 和彦さん

11月24日に田園調布学園大で開催するフリーマーケットを立ち上げた

香川 和彦さん

王禅寺西在住 62歳

11月1日号

西川 元さん

11月2日開催「アルナ祭」に出演するシンガーソングライター

西川 元さん

王禅寺西在住 24歳

10月25日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

麻生区・中原区担当 

10月18日号

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

朗読塾「ソフィアの森」を主宰するナレーターの

斉藤 ゆき子さん(本名:大槻 之子)

白鳥在住 57歳

10月11日号

西村 勝行さん

川崎市アートセンターで14日に開幕するミュージカル「ミラクル」の作曲、音楽監督を務める

西村 勝行さん

百合丘在住 68歳

10月4日号

杉浦 輝明さん

麻生ラグビースクールの校長として生徒の育成、競技の普及に努める

杉浦 輝明さん

横浜市青葉区在住 44歳

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜祝うフルートの音色

聖夜祝うフルートの音色

クリスマス公演 今年も

12月2日~12月2日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク