麻生区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める 佐藤 忠男さん 日本映画大学名誉学長 87歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

多彩な芸術 親しむ機会に

 ○…新百合ヶ丘に点在する文化ホールなどを中心にオペラやバレエ、ジャズ、演劇に古典芸能まで、多ジャンルの公演を行う芸術祭「アルテリッカしんゆり」実行委員長。今年で10年目となる恒例イベントだが「映画や音楽の大学、拠点施設などが新百合ヶ丘に出来て、芸術文化が育つ土壌は感じていたけれどイベントが盛り上がる保証もないので10年続くとは思っていなかった」と胸の内を明かす。

 〇…新潟県生まれ。13歳で飛行兵を目指すも翌年終戦、再開されたアメリカ映画を観て衝撃を受けた。「若い娘が颯爽と都市を歩き、男たちが健全な笑顔で振り返るシーンに文化の違いを痛感しました。敗戦の要因に文化の違いがあったんだってショックを受けて、帰りの足がふらついたのを覚えています」。電電公社に勤めながらも映画への情熱は冷めず、論文や批評の投書を続けるうちに若手の批評家として頭角を現した。

 〇…日本映画大学の名誉学長。趣味は特にないときっぱり答えるその裏返しで映画への強い思いがある。講演先のアジア各国で見つけた現地映画を評価し日本に紹介する活動はモンゴル、ベトナム、韓国などで文化勲章を受章するなど評価を得ている。「欧米などでの受賞より、まだ映画産業が途上の国にある素晴らしい作品を紹介して、それが認められるのは、自分が仕事をしたんだなって気持ちが持てて嬉しい」。

 〇…さまざまな映画に脚光を当てることと同様の思いで、アルテリッカには多様な芸術に親しんで欲しいと願いを込める。「この時期にしんゆりに来れば何かしら楽しめる公演があるので興味がある分野だけでなく、新劇が好きなら能や狂言も、ジャズからオペラなど横断的に他の芸術も楽しんでもらいたい」。誰でも多種多様な文化の話が出来る芸術祭にしていくことをこの先の目標に「今までやって来たことをきちんと続けることが大切だと思っています」と笑顔で前を向く。

麻生区版の人物風土記最新6

築野 俊雄さん

【Web限定記事】あさお謡曲研究会 夕べの会の代表を務める

築野 俊雄さん

片平在住 71歳

3月5日号

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和泉 杏奈さん

【Web限定記事】ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で麻生区、多摩区を担当する

和泉 杏奈さん

川崎市在住

2月19日号

松田 肇さん

麻生ヤマユリ植栽普及会の会長を務める

松田 肇さん

王禅寺東在住 75歳

2月12日号

鈴木 正視さん

令和2年度川崎市自治功労賞に選ばれた五力田町内会長の

鈴木 正視さん

五力田在住 73歳

2月5日号

竹市 八郎さん

地域でボランティア活動を続ける

竹市 八郎さん

万福寺在住 84歳

1月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク