麻生区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

川崎フロンターレ 今季初戦はセレッソに黒星 ルヴァン杯のリベンジならず

スポーツ

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena
準優勝に肩を落とすイレブン(上)、後半から出場し躍動した大久保選手
準優勝に肩を落とすイレブン(上)、後半から出場し躍動した大久保選手

 昨年のJリーグを制した川崎フロンターレは2月10日、さいたまスタジアム2002でFUJI XEROX SUPER CUP2018に臨み、昨年の天皇杯覇者のセレッソ大阪に2―3で敗れた。

 昨年11月に行われたルヴァン杯の決勝と同カード、同会場となった一戦。前回は両者初タイトルをかけて争い、フロンターレが0―2で苦杯をなめた。

 今回も水色のサポーターがスタジアムに大勢詰めかける中、今季初戦でリベンジを果たし波に乗りたいチームは、昨年のリーグ優勝メンバーを軸に臨んだ。しかし、前半26分にセレッソの山口蛍選手にゴールを割られると、前半は良い形を作れぬままハーフタイムへ。後半は、チームに復帰した大久保嘉人選手がゴールを決めるなど、一転して両チームとも2ゴールずつを決める展開に。終了間際にはフロンターレが猛攻をしかけるも、1点が遠かった。

 試合後、鬼木達監督は敗戦を振り返り「試合勘がセレッソの方があり、改めて強いと感じた。自分たちの持ち味を出せたが、崩しきれなかった。この敗戦を受け止めて、この後に繋げていきたい」と話した。

麻生区版のローカルニュース最新6

弥生の麻生まっ白に

弥生の麻生まっ白に 社会

満開のサクラもブルブル

4月3日号

新1年生に登校グッズ寄贈

新1年生に登校グッズ寄贈 社会

JAら交通安全願い

4月3日号

地元の宝守ろう

地元の宝守ろう 社会

 町内会 麻生川沿いで清掃

4月3日号

市、イベント自粛を解除

市、イベント自粛を解除 社会

4月以降は「主催者判断」

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

「街に溶けこむ施設に」

片平地域包括支援センター

「街に溶けこむ施設に」 社会

4月1日 栗平駅前に移転

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク